Acrobat DC 入門講座

ページ編集:ページの抽出

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PDF内のページを抽出して別ファイルにする方法について解説します。
講師:
03:39

字幕

このレッスンでは PDF ファイル内のページを抽出して 別ファイルにする方法について解説します まずサンプルファイルを開きます プロジェクトファイルフォルダーの中の 07 フォルダーに入っている― 04_tyusyutu.pdf という ファイルを開きます このファイルの中の一部のページを抽出し 別ファイルにするという操作を行います ファイルを開きましたら 画面右側ツールパネルウィンドウの中の 「ページを整理」という部分を クリックして選びます 続いて ファイル内の各ページが ミニプレビューで表示されるので 抽出したいページをここで選択します 選択方法についてはファイルの中の 一部のページ ここからここまでという時には 最初でクリック もう一方でキーボードの Shift キーを押したままクリックすると ここからここまでという選択となります また これとこれとこれというように 隣接していないページを選びたい時は 1つをクリック後 Windows では キーボードの Ctrl キーを押したまま これとこれとこれというように クリックしていきます 一方 Mac ではキーボードの command キーを押したまま これとこれとこれというように 離れたページを選択することができます 今回は3ページ目と4ページ目を 選びたいと思います 3ページ目をクリック後 Shift キーを 押したまま4ページ目をクリックします 目的のページを選択したら これを抽出します 画面上側「ページを整理」という 各メニューの中に 「抽出」というのがあるので こちらをクリックしてみましょう するとその下側の所にオプションとして 抽出した後元のページを削除するかどうか またページをこの2つのページでしたら 2つのファイルとして別々に作るのか といったことがチェックできるように なっています 今回はチェックせずに「抽出」という ボタンをクリックして行きます すると仮の名前として「文書名」というのが 頭についたファイル名の ファイルが出来上がりました 全体表示にして ページ数の確認をしていきます 次のページをご覧頂くと 先程指定した2ページ分の PDF ファイルが 新しいファイルとしてできているのが 分かります 元のファイルについては タブ形式になっている 04_tyusyutu.pdf を クリックすると分かります こちらの方をクリックすると「ページを整理」 というメニューの作業中ということで 各ページがミニプレビューで出ていますが こちらは閉じるボタンをクリックして ページを確認し 元のページがちゃんと3ページ目 4ページ目が残っているのを 確認しておきましょう そしてそれだけを抽出したファイル こちらについては ページの内容を確認後別ファイルとして 保存して運用すると良いでしょう 今回は「ファイル」メニュー> 「名前を付けて保存」として 同じファイルフォルダの中の 04_tyusyutu-2 という名前で 保存しておきたいと思います このレッスンでは PDF ファイル内の 一部のページを抽出して 別ファイルにする方法について説明しました

Acrobat DC 入門講座

Acrobat DCはドキュメント管理に欠かせないソフトウェアです。このコースは初めてAcrobatやPDFに触れる方でもPDFについて体系的な理解が得られるよう構成されています。Acrobatの特徴やPDFの基礎知識から、さまざまなドキュメントのPDF変換や修正、セキュリティ機能まで幅広い内容を学ぶことができます。

2時間28分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Acrobat Acrobat DC
価格: 2,990
発売日:2016年04月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。