Acrobat DC 入門講座

Word文書への書き出し

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
PDFファイルをWord文書に書き出す方法について解説します。
講師:
02:57

字幕

このレッスンでは PDF ファイルを Word 文書に書き出す方法について解説します まず Acrobat でサンプルファイル 01_word.pdf というファイルを開きましょう このファイルはプロジェクトファイル フォルダーの中の 08 フォルダーの中に入っています ファイルの内容としては ご案内の文書となっています 文字を中心としたファイルですが この中の文字編集において Word を利用したいというような場合に Word 文書への書き出し機能を 利用すると良いでしょう 書き出しの手順としては PDF を表示後 画面右側 ツールパネルウィンドウの中の 「PDF を書き出し」というツールを 選択します ファイルの種類として Microsoft Word Word の中でも docx という拡張子の ファイルにしたい場合には 「Word 文書」 Word のバージョンによっては 拡張子 doc という 「Word 97 -2003 文書」というのを 選ぶことも可能です また 細かい設定という意味では この右側に出てくるダイヤル型の マークをクリックすると PDF のファイルの中のどの部分を Word 側で編集可能なデータへと変換するか という設定がチェックボックスによって 設定できるようになっています レイアウトにおいてもフローテキスト また ページレイアウトを保持するなど 切り替えが可能です 今回はこのまま「OK」ボタンをクリックし 「書き出し」ボタンをクリックしてみます 保存先 また保存後 Word を起動して 再編集をすぐにしたいという場合のための 「書き出し後にファイルを開く」という チェックボックスが用意されています 今回はこのチェックしたままで 保存先としては元のフォルダー 08 を選択し ファイル名を確認後 「保存」ボタンをクリックします PDF ファイルから Word 文書へと 書き出しが行われ Word が起動し文書が表示されました ご覧頂くと右寄せ・センタリング・ アンダーライン また各文書部分の文字がそのまま 再現されているのが分かります よく見ると 部分的には改行位置が 変わってしまったりということもありますが ほぼ殆どの文字列も すぐに編集可能になっています このような再編集というニーズは 非常に高くあるかと思います PDF 文書を Word 文書側の 編集機能を用いて再編集したいと いうような時には是非 この機能を活用してみて下さい このレッスンでは PDF 文書を Word 文書へと変換する 方法について紹介しました

Acrobat DC 入門講座

Acrobat DCはドキュメント管理に欠かせないソフトウェアです。このコースは初めてAcrobatやPDFに触れる方でもPDFについて体系的な理解が得られるよう構成されています。Acrobatの特徴やPDFの基礎知識から、さまざまなドキュメントのPDF変換や修正、セキュリティ機能まで幅広い内容を学ぶことができます。

2時間28分 (35 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Acrobat Acrobat DC
価格: 2,990
発売日:2016年04月10日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。