Reason 8入門

基本パターンの完成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スネア、ハイハットなどの他のドラムパートを追加入力し、曲の基本部分となるドラムパターンを完成させます。
講師:
05:57

字幕

このレッスンではキック以外の楽器を加えて ドラムの基本形を作り上げます それでは (ドラムの音) このキックが入っている状態に 他のパーツも加えて ドラムのフレーズにしてみましょう では Drum2 のパットですね これを選びます そしたらここに対して DRUM MODULE から 「シンセ スネア」 これを選びます そうするとこれは (スネアドラムの音) こんな風なスネアドラムの パートになります では これですね レベルをちょっと上げて (速いスネアドラムの音) 音を大きめにして ではスネアも 調整用にフレーズを入れてみましょう ではシーケンサーのほうに移ります ダブルクリックしてシーケンサーに行きました 今度は Drum2 の この列ですね (スネアドラムの音) ここに入るようになってます では この Drum2 の所で 2拍目と4拍目 ここにスネア入れましょう ダブルクリックすると (2種のドラムの音) このように入りました ではプレイしてみると (2種のドラムの音) こんなふうにスネアになるように なりましたね じゃあスネアの音も調整しましょう いまですね (ドラムの音) 割とタイトな感じの音なので これもう少し ばしっと伸びる感じの音にしてみましょう ではまずスネアの場合 このノイズの部分ですね ざらっとした音と あと胴の方ですね ぽこっとした音 その2つによって構成されてます じゃまずノイズをもう少し伸びるように してみましょう NOIZE DECAY とありますけど これをやるとノイズの余韻が伸びます そして NOIZE TONE ここで質感が変わります ちょっと調整してみましょう (2種のドラムの音) (2種のドラムの音) 雰囲気変わりましたね 少しノイズが伸びて 更に音を少し低目にしたので (2種のドラムの音) ちょっと重い感じになりましたね ノイズの量 この MIX で変わります (2種のドラムの音) こんな感じですね そしたらこっちの ぽこっとした音のほうですね 胴体の音のほう それも調節してみましょう まず全体の DECAY 余韻を調整します (2種のドラムの音) PITCH も調整します (2種のドラムの音) そしたらこちらですね HARMONIC のバランスや DECAY も調整します (2種のドラムの音) (2種のドラムの音) こんな感じになりました これで (2種のドラムの音) キックとスネア入りましたね そしたら今度はハイハットを入れてみましょう じゃあ今度 3 のパットを選びます そして こちらから「シンセ ハイハット」 これを選びます そうすると (ハイハットの音) こんな感じの音ですね これもちょっと音量を上げときましょう レベルを大きくして (ハイハットの音) こんなカチッという音になりました そしたらまたシーケンサーのほうに行って Drum3 ですね (ハイハットの音) じゃハイハットは裏拍で 入るようにしましょう 裏で入るように調整します (ハイハットの音) (ハイハットの音) (ハイハットの音) (ハイハットの音) こんな感じで裏で ハイハットおきます これで (ドラムとハイハットの音) だいぶダンスミュージックの 基本フォーマットですね 更に音を調整しましょう いまハイハットの音 (ハイハットの音) ちょっとタイトすぎるので これも余韻を付けて 音質を調整します 余韻を付ける時には 同じですね DECAY です (ドラムとハイハットの音) こんな感じになりました そしてこの辺でですね CLICK 頭の部分のカチッという音や TONE や RING というのは金属交差ですね その辺が変わるので あとピッチもありますね ちょっといじりながら 雰囲気を変えてみましょう (ダンスミュージックのようなビート音) (ダンスミュージックのようなビート音) (ダンスミュージックのようなビート音) こんな感じになりました だいぶこっちの音色の作り方でも ノリが変わってきます (ダンスミュージックのようなビート音) 全く一緒のパターンでも だいぶ変わってきますよね そういった部分関わってくるので この音作り 大事にしてみて下さい さあこれで (ダンスミュージックのようなビート音) ドラムパートの基本ができました

Reason 8入門

Reasonは本物のハードウェアに近い感覚でトラックメイキングができる音楽制作ソフトです。このコースではReasonの基本設定からリズムマシンを使ったリズム作成、シンセを使ったベースやシーケンスの作成、サンプリングした素材の加工や曲の構成のコントロール、さらには最終的なミックスダウンまで基本的な操作方法をひと通り学ぶことができます。

2時間47分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。