Reason 8入門

シーケンスの音色を作りこみ

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Subtractorの各パラメータをリアルタイムに調整しながら、フレーズ音色の細かい作り込みを行います。
講師:
06:05

字幕

このレッスンではシーケンスの音色の 作り込みを行います では今の状態で (音楽再生) こんな雰囲気になってますね じゃこの SubTractor でやってる シーケンスの音ですね これを作り込んでいきましょう では― まず今の音ですけど シーケンスだけ聞いてみると (再生音) こんな音ですね じゃこの「TheEcho」 これをちょっと畳んでおきましょう そしたら前に作ったベースの音は フィルターを中心にした音作りしました 元の音を削って 音を変えて ということをやったんですけど 今度は音の発生源自体を もっといじって音を変えてみたいと思います では (再生音) 今こんな感じの音ですけど このフィルター これが閉じた設定になっています じゃあこれを この Freq という所 これを一番上までもっていって 全開にします そうすると (再生音) ちょっと音がはっきりしましたね じゃあ次 音の大本の所を変えます この OSC と書いてあるところ これをオシレーターと言います 音の一番原材料となる 波形が出てくるところですね 今これが この のこぎりの歯のような形の波形になっています じゃあこれ動かすと いろんな形に変わって音が変わってきます (再生音) こう変えることでもいろいろ 音を調整できるんですね では この四角い矩形波というのですけど この四角い波形にしてみましょう そうすると (再生音) こんな感じの音になります ではこれもそのままだと 単調なので ちょっと変化が付きながら 再生されるようにしてみたいと思います ではその時今回はこの Phase と書いてある このノブを使ってみようと思います このノーマルの状態 これでこの Phase のノブを操作しても (再生音) 全く効果がないですが これが このモードの切り替え これで この✕のモードですね ✕印のモード これになっていると (再生音) (再生音) この Phase のノブを動かすと 音色がどんどん変わるようになるんですね もうちょっとやってみましょう (再生音) こうするとかなり深みもでて 動きもあって面白い感じになると思います ただこれずっと 手で動かしてるわけにはいかないので これを自動的にやらせてみましょう その時に今回使うのは この LFO というやつです LFO = Low Frequency Oscillator の略なんですけど これゆっくりすると波がでてきます こういう出てるのですね こういう波が出てきて その波に合わせていろいろな ノブであったりスライダを動かしたりするのと 同じような効果を得ることができます ではこの LFO1 の この適用先 ここで この Phase これを選びます 名前の所をクリックすれば 一発で跳びます そして Amount これを段々上げていってみると (再生音) (再生音) 今この三角の波で動いているのですけど この波が来るようなタイミングに合わせて (再生音) 緩やかに変わっていってるんですね これを違ったパターンにしてみましょう いろんなのあるんですけど このぐちゃぐちゃのパターン それの内の上の方です これだともっとランダムに 階段状に変わっていくので もっと機械っぽいテクノっぽい 雰囲気がでるんじゃないかと思います ちょっとやってみましょう (再生音) さっきよりもより機械っぽい 雰囲気になりましたね この Rate という所を変えてやると 波の速さが変わるので (再生音) (再生音) ちょっと速めにしてやると このような効果になります (再生音) 大分雰囲気 変わりましたね これで合わせて演奏してみると (音楽再生) (音楽再生) (音楽再生) こんなふうによりフレーズが 派手できらびやかな感じになりました 今回こんなふうに単純な シーケンスフレーズに まずエフェクターで変化を付けて その上で音色のほう こんなふうに自動的にランダムに 変わるようにしてやると どんどんこのように自動的に 音色がランダムに変化して厚みがでるような こんな効果を作ることができます こうした所いろんな所に当て嵌められるので 是非とも活用してみて下さい

Reason 8入門

Reasonは本物のハードウェアに近い感覚でトラックメイキングができる音楽制作ソフトです。このコースではReasonの基本設定からリズムマシンを使ったリズム作成、シンセを使ったベースやシーケンスの作成、サンプリングした素材の加工や曲の構成のコントロール、さらには最終的なミックスダウンまで基本的な操作方法をひと通り学ぶことができます。

2時間47分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。