Reason 8入門

Dr.OctREXのアサイン

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
REXファイルを合計8つ読み込んで使うことのできるデバイス「Dr.Oct REX」をアサインし、基本的な仕組みを解説します。
講師:
04:58

字幕

このレッスンでは ドクターオクトレックスの アサインを行います では今までの段階で (音楽再生) ここまでできましたね じゃ SubTractor と Matrix ですね また使わないので畳んでおきましょう こんな感じにデバイス大分増えましたけど 畳んでおけると便利ですね 非常にすっきりと纏められます では今の状態なんですけど (音楽再生) 大分フレーズが増えて 曲っぽくなってきましたけど まだ今ベースもシーケンスも あとドラムも 結構シンセ系の音色ばかりです じゃここに生のサウンド 生系のサウンドを入れると だいぶ立体感もでてくるので もう1個加えてみましょう じゃ今度また別のデバイスを使います では新たに ドクターオクトレックスという デバイスをアサインします では何もない所 右クリックして 「インストゥルメント」から 「Dr. Octo Rex ループプレイヤ-」 という奴ですね これを選びます 出てない人は「Reason デバイス」の― 中から探して下さい これをかけると このようなものが入ってきます これどんなものか まずこの RUN という所 ちょっと試しにクリックしてみましょう (音楽再生) こんなふうにドラムのフレーズが 演奏されました これデフォルトで アサインされているものですけど 詳細を開けてみると こんな感じになってます ここに何か波形がでてますね これどういうものかというと 元々今演奏された (音楽再生) このフレーズはオーディオの ファイルをループにしたものです シーケンサーで打ち込んだものではなく オーディオを録音した一塊のものが 録音されたもの それがループになっているものです そしてこの Dr. Octo Rex に アサインされているものは それがこのように ドラムの打たれるたび また各パーツが打たれるたび このビートのたびに スライスされているんですね 実はダンスミュージックなんかでは 実はこうしたフレーズで スライスしたフレーズというもの よく使われまして 例えば昔のレコードからサンプリングした フレーズなんかを このようにスライスして そして フレーズを組み替えたりして 使っていくという手法が よく使われます それを行うと何ができるかというと 例えば今 128bpm で曲作ってます これ演奏すると (音楽再生) このテンポに合った所で 演奏されているんですね 実はこのループは元々 130bpm ちょっと速いですけど ゆっくりになってます じゃ例えばこれ 一時的に 150 とかにしてみましょう どうなるかというと (音楽再生) ちゃんと速く演奏されます 逆に 80 とかゆっくりしてみると (音楽再生) ゆっくりになりますね このスライスされた所基準に タイミングを変えて再生されるので ちゃんとテンポにぴったり合った フレーズとして サンプリングしたループを 使うことができるんですね じゃあ bpm を改めて 128 に 戻しておきましょう この Octo Rex という名前 なぜこういう名前かというと この Rex という名前 これが 実はこのスライスされたフレーズの ファイル形式 Rex ファイルというのがあるんですけど 元々この Reason を作ったのと同じ プロペラヘッドという会社が 1990 年代に Recycle という ソフトを発売しました 今で出てるんですけど それが初めてコンピューターの中で フレーズをこのようにスライスできる機能が 大々的にでてきて 一世を風靡したんですね 90 年代のサウンドの一角を担っている 有効な一角を担ってたような 手法なんですけど その Rex ファイルをプレイするのが この Dr. Octo Rex Octo と付いているのは その Rex ファイルを 8個読み込むことができるんですね ここにスロットが8個分 ボタンになっています 今1がアクティブになっているので (音楽再生) このパターンですけど 2に切り替えると (音楽再生) このようにパターンがあります 3 (音楽再生) このように8個のループを読み込んで 切り替えてできる Rex プレイヤー それがこの Dr. Octo Rex となります これ使うと非常にフレーズを読み込んで Reason に付属してるものだけでも 手軽に加えて全く違うノリを 出すことができるので 大変便利です これも使っていってみましょう

Reason 8入門

Reasonは本物のハードウェアに近い感覚でトラックメイキングができる音楽制作ソフトです。このコースではReasonの基本設定からリズムマシンを使ったリズム作成、シンセを使ったベースやシーケンスの作成、サンプリングした素材の加工や曲の構成のコントロール、さらには最終的なミックスダウンまで基本的な操作方法をひと通り学ぶことができます。

2時間47分 (28 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月20日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。