Photoshopを使った画像合成ワークショップ

ストックフォトの活用

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Photoshopで様々な素材を使ってコラージュ作業を行う際に便利なストックフォトサービスの紹介と、Photoshop内からのAdobe Stockへのアクセスについて解説します。
講師:
06:22

字幕

このレッスンではストックフォトの 活用について解説します。 今この画面のほうには Photoshop のコラージュを使って 作られた作品の サンプルがあります。 西洋の騎士のように見える人ですが 良く見ると盾かと思ったら 手に持っているのは 太陽光パネルですね なんか面白い画像ですね。 こんなふうなアイデア考え付いた時 じゃあこの騎士の写真と 太陽光パネルの写真が素材として 要るなということになると思います。 例えばまだ太陽光パネルは 周囲に割とあるものですので 自分で写真を撮ってこようかと いうこともできるかと思いますが 馬に乗ったこうした 西洋の騎士の写真を 撮ろうと思ってもなかなか難しいですよね。 そのように自分が撮るのが 難しそうであったり また様々な素材を 撮影しに行く時間がないなんて時に 便利なのがストックフォトと呼ばれる 種類のサービスです。 ストックフォトというのは 様々な写真家が撮影した写真 それが一堂に集められていて 条件に従って有料であったり また場合によって無料で使用できる そのような写真が多数ストックされてる サービスのことを指します。 ではウェブブラウザに切り替えます。 ストックフォトのサービス いろんなものがあるんですけど 例えば fotolia なんて会社があります。 アクセスすると こんな画面がでてきます。 プランなんか載ってますけど じゃ例えば なんでもいいんですけど 桜の写真が欲しいなんて時には 「桜」と検索してみると このようにイラストなんかも含めて 写真ですね。 花だけの写真から こうした桜に関連する... 行事なんかですね あと人物もいる 写真なんかもどんどんでてきます。 このように非常に大量の 素材を探すことができます。 またその他 同じような感じで PIXTA なんてサイトもあります。 例えば何かキーワードを入れてあげれば 非常に沢山の素材がでてくる こうしたサービス ストックフォトと検索して頂くと 幾つもでてきます。 またこれら fotolia や PIXTA これらは基本的に有料のサイトなんですけど 例えば pixobay なんていう サービスを使うと ここはすべての写真 無料で使えるものだけが集められています。 無料で使えるんですけど なかなか クオリティが高いですよね。 このように様々な もちろん非常にクオリティの高いものを 有料で取り扱っているサイトから 無料でもかなり使える素材 いっぱい取り扱っている所まで いくつもサービスがあるので まずインターネットでいろいろご覧になって それぞれの決まりであるとか またサービスの契約など しっかり確認して お使いいただくといいかなと思います。 そして では Photoshop に戻ります。 そのようにウェブのサービスを 利用する他に 実は Photoshop は内部から こうしたストックフォトのサービスに アクセスする機能を持っています。 Adobe 自体が AdobeStock という ストックフォトのサービスを行っていて そこはブラウザからも行けるんですが Photoshop の内部からも 画像を探すことができます。 ではやってみましょう。 まずはライブラリのパネルを開けます。 そしてライブラリのパネルの中に この検索の項目があるので 端っこのほうの三角をクリックすると 検索する場所 これが選べます。 これがすべてのライブラリとかだと 自分のライブラリの中なんですけど これを「Adobe Stock」という所を 選んであげます。 そうすると「Adobe Stock を検索」 となりますので じゃ例えばなんでもいいですけど 「富士山」と入れたとすると インターネット繋がってれば 検索が行われて もうこんな感じで Photoshop のウィンドウの中に 素材の候補がでてきます。 ここから更に便利なんですが これらは購入してない状態だと みんなこんな感じで 透かしが入っています。 そのまま「購入」としても良いですけど デザインに合うかどうか一回使ってみたい というケースあると思います。 その時は仮の状態で 入れて見ることができます。 まずこのダウンロードのボタン これクリックすると 「マイライブラリ」ですね その中に素材が入ってきます。 そしてその素材は自分の書類のほうに このように配置することができます。 今まだ購入してないので このように Adobe Stock という 透かしが入っているんですが これが非常に便利なのは Photoshop 内で 保たれてる限りは 購入した後に こちらに配置した画像からも ロゴが消える そのような 非常に便利な扱い方をすることができます。 なので まずデザイン作ってみて この写真良いと思うけど 最終的にディレクターに判断を任せると いったような場合には この状態で一回判断してもらって 正式決定となって時点で 素材を購入してロゴを消す といったことをすれば せっかく購入した 写真が使われなかったといった 無駄を省くこともできますし このように様々な素材を使って バリエーションを試すことができて 大変便利です。 とりあえず一番手っ取り早く 様々な素材をストックフォトから とってみたいという方は とりあえず AdobeStock を 使ってみるのが一番簡単かと思います。 様々な素材を使って作品を作る上で ストックフォトのサービスは 欠かせないものとなってますので 是非ともいろいろなサービスを比較してみて ご自分に合ってるかなと思うものを 試してみて下さい。

Photoshopを使った画像合成ワークショップ

Photoshopで合成を行うさいにはいきなり作業を始めるのではなく、レイアウトの基本をふまえてから行うと仕上がりに大きな差が生まれます。このコースでは素材からのインスピレーションの得方やカメラのレンズや設定がどう影響するかについて、また効果的なレイアウトの基礎知識やよく使われる編集テクニック、3D素材やストックフォトの活用法などについて学びます。

2時間06分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。