Photoshopを使った画像合成ワークショップ

焦点距離と絞りによる被写界深度の違い

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レンズの焦点距離や絞り値の設定による被写界深度の違いや、絞りとシャッタースピードの関係について解説します。
講師:
10:18

字幕

このレッスンではカメラのレンズの焦点距離や 絞りの設定と被写界深度の 関係性について解説します 写真は撮影された時のカメラに付いていた レンズの焦点距離 つまり広い範囲が映る広角レンズであったり また遠くのものが大きく写る 望遠レンズであったり そういったものを焦点距離という 数値によって 広角になったり望遠になったりするんですけど それによって見え方が 非常に変わってきます まず一例として今表示している サンプルの画像ですが 非常に広い範囲が写っています そしてかなり遠くのほうまで くっきりと写っています これは焦点距離24ミリの 所謂広角レンズで撮影した画像です この焦点距離というものですけど 一般に大体50ミリぐらいが 人間の見え方に一番近い と言われています この24ミリというのは人間の肉眼に比べて かなり広い範囲が映るようになっています 多分同じ所に立って人間がまっすぐ 前を見たとしたら この端っこの方はいっぺんには 視界に入ってなくて これぐらいの狭い範囲しか見えてないはずです そして広角レンズはこのように広い範囲が 写るのと同時に 遠くのものがはっきり 写るようになります ご存知のとおり写真には ピントというものがあり ピントが合っていない所は ぼやけるわけなんですが 広角レンズを付けると大体の場合 遠くのものにもこのように ピントがあってるような写り方を 得ることが出来ます このようなピントの合う範囲のことを 被写界深度と呼びます そしてこのように広角レンズで撮影したように 遠くまではっきり写る 手前から遠くまでくっきりとピントが あった状態になるというのを 被写界深度が深い と表現されます このように風景写真なんか奥の方まで きちんと写ってて欲しいので 広角レンズを使って もちろん広く撮るというのと同時に 被写界深度 深くして 画面全体を明瞭にするという そんな意図で使うことができます ではもう一枚 別の写真を見てみましょう 今度はガラッと変わって 元気なおばあちゃんの写真になりましたけど 見え方は大分違いますね さっきが非常に広い範囲が 写っていたのに対して 今度は狭いですね もうおばあさんの姿だけが 集中して写っています このおばあさんの写真は 焦点距離70ミリの 大体 中望遠とか呼ばれるレンズです 凄く遠くのものまでは 大きくならないですけど ある程度肉眼よりも少し 大きくなったような見え方をするレンズです なので映ってる範囲が狭いけど このおばあさんとカメラマンの距離 実はこの見え方よりも少し 距離が離れてるはずなんですけど 割とすぐそばにいるように見えますね こんな写り方をします そしてもう一点大きく違うのが さっきのこっちでは被写界深度が深かったので 全体くっきりしてますけど 今度はおばあさんの顔は くっきりと写ってますけど 背景は凄くぼやっとしてますね この手の部分もかなりピントが 甘くなっています このようにピントの合う範囲が狭い おばあさんの顔にしか合ってないですね 範囲が狭いことを さっきと逆で 被写界深度が浅いと言います レンズは広角レンズは一般に 被写界深度が深くなって 望遠になると被写界深度が 浅くなります なので例えば 人物写真を撮る時に 背景はぼかして人物を浮き立たせたい という時には望遠レンズですね 望遠の傾向がある焦点距離のレンズを使うと このように背景をぼかして そして メインの被写体を印象的に撮ると そんな使い方をすることができます このようにレンズを変えるだけで 大きく見え方が変わってくるので 何を撮るかによってレンズを選んで それを 最適に使うということが重要になってきます そしてこの被写界深度 ピントの合う範囲なんですが 実はレンズの焦点距離と もう一個 変化する要素があります では3枚目の画像見て頂きましょう 3枚目の画像ですけど 開いた状態ではこんな感じになっていて 手前のこの看板これはくっきりと写ってます 同じのがいっぱい並んでいるんですけど 遠くに行くにしたがって 段々とぼやっとしてきます 被写界深度が浅めの写真ですね ではこの書類 実はこっちにずらっと レイヤーが重なってまして 上から順番に非表示にしていくと 2枚目 車の位置だけ変わりますね なんかちょっと奥の方が くっきりしてきました では一枚ずつ外していくと 2枚目の看板がクッキリしてる感じですね もっといってみましょう この辺迄来ると かなり奥のほうまでくっきりして こっちの完全に一番上の画像で ぼやけていた背景も かなりクッキリ見えます 一番下まで来ると 遠くの建物もクッキリ見えます これなんですけど 全部同じレンズで撮られたものです 同じレンズで撮ってもこれだけ 被写界深度 ぼやけ方変わってきます 何が違うかというと レンズの絞りの設定です 各レイヤーに書いてある数字は F 値と呼ばれて F2.8 とか F4 ですね 表されるんですが どれだけ絞り カメラの撮影する時に光を取り入れる部分 それをどれだけ開けるか という設定なんですね 数値が小さいほど絞りが大きく開けられて より多くの光が入ってくるんですけど そうすると被写界深度が浅くなります 絞りを所謂絞るということですね 絞りの開く量を小さくして 光の入ってくる量が... 少なくなるほど 奥のほうまで クッキリと映るようになるんですね なのでレンズの焦点距離と合わせて この絞りの具合によっても変わってきます 但し絞りの値を変えて 同じ移り方をするには 今度は光の量が変わっているわけなので 他の要素も変えないと同じにならないですね 例えばこの F2 と F16 の 二枚を比べてみると ほぼ明るさ同じような感じで 映ってますね ただ光の入る量も全然違います じゃあなんで同じぐらいの 明るさになっているかというと 秘密は この F2.8 のほうは車が 走ってる車が 割とぴたっと止まったように映ってますけど F16 のほうは 走る車がぶれてます これは何かというと シャッタースピードが違っています シャッタースピ―ド 大体何分の一秒ですね という数字でどれぐらいの時間 シャッターを開けているかですね F2.8 みたいに絞りが開いている状態だと 短い時間でシャッターを開け閉めできるので 速く動いてるものも 止まっているようにクッキリ写っています それが絞りを絞っていくと少し長い時間 シャッターを開けてないといけないので 動いてるものはぶれます このような関係性もあります なので絞りとシャッタースピードの関係性は 組み合わせによって 明るさは同じように コントロールできるんですが 絞りを開ければ開けるほど 明るくすれば明るくするほど シャッタースピードは速くなっていく その代わり被写体深度は浅くなっていく 絞りをどんどん絞っていくと 光の入る量が少なくなるので シャッターを長い時間開けていて なので動くもの 移すのが苦手になると そんな関係性もあります なので車なんかをしっかり移したい時には ちょっとこれではまずいですよね シャッターを速くしないといけないので 絞りを開けていくんですけど そうするとピントの合う範囲が狭くなるので ピント合わせるのが難しくなると ここが写真の難しい所でもあるんですけど この辺を認識していると 状況によってどんなふうに撮りたいか という所がコントロールしやすくなります なので例えば看板枠まで 奥までクッキリ写したいという時には 車は動いてても別に問題ないので このように絞りを絞って 全体をはっきり写すと 逆に手前の看板一枚だけを 目立たせたいなんて時には 絞りを開いて一枚だけ 浮き立たせると 両方とも全く違った意図で 使うことができます このようにまずレンズの選択による 画角 見え方の違いと 被写界深度の違い それに加えて 絞りの設定とシャッタースピードの関係 この辺で写真の見え方というのは 大きく変わってきます 特に一眼のカメラであれば こうした絞りやシャッタースピードの設定や またレンズの選択ですね もう完全に自分でコントロールできますので 是非とも自分の発想に合わせた 写真を撮るために これらを踏まえて撮影を 行ってみて下さい

Photoshopを使った画像合成ワークショップ

Photoshopで合成を行うさいにはいきなり作業を始めるのではなく、レイアウトの基本をふまえてから行うと仕上がりに大きな差が生まれます。このコースでは素材からのインスピレーションの得方やカメラのレンズや設定がどう影響するかについて、また効果的なレイアウトの基礎知識やよく使われる編集テクニック、3D素材やストックフォトの活用法などについて学びます。

2時間06分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。