Photoshopを使った画像合成ワークショップ

焦点距離と視点との関係

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
レンズの焦点距離による視点の違いと、合成の素材として使う場合の撮影時における注意点などを解説します。
講師:
05:11

字幕

このレッスンではカメラのレンズの 焦点距離による視点の違いと それにともなう合成時の注意について 解説します。 今 Photoshop 上には 二枚のサンプル画像を開いています。 どちらも同じ船を 撮影したものなんですけど 全体を表示してる状態で こっちはこんな感じに小さく写っています。 周りの風景も見えていると もう片方は もう画面の半分ぐらいは船が締めていて 周りの風景はあまり見えないというわけです。 これの違いですけど撮影した時の レンズの焦点距離の違いです。 撮影した場所は一緒なんですけど こっちの広く写ってる方は 30ミリの広角レンズ それで撮っています。 対して船が大きく映っている方は 105ミリの中望遠のレンズで撮っています。 このようにレンズの焦点距離が違うと 被写体の写る大きさが全く違います。 これ自体は見て頂いて すぐ理解して頂けると思うのですが これを踏まえた上で 合成用の素材を 得ようという時 注意点があります。 例えば最終的に作ろうと思う画像の 大きさがもう決まっているとして その素材をどれくらいの大きさで 使えるかという所が 撮影時の焦点距離と 写り方と密接にかかわってくるんですね。 例えばこちらの画像のように この画像の大部分を占めるぐらいの大きさで この船を使いたいという時に こちらのような 広角で撮ってしまうと どんな感じになるかやってみると 例えば一部分をコピーして Command もしくは Ctrl+V で 貼り付けます。 そしたら大体同じ 大きさになるのがわかるように ちょっと「不透明度」下げた状態で 「自由変形」して 概ね同じくらいの大きさになるように 揃えてみましょう。 こんな感じですね。 大体同じぐらいの大きさになりました。 大体同じぐらいになったんですけど 元の大きさが違うので こちらのですね。 広角で写った方は やはり画質が低下してしまってます。 拡大したので画質が低下してます。 対して元から大きく撮ってある方は 理想的で画質が得られてますね。 例えばこれが逆のパターンだと どうなるかなんですけど じゃあ今度はこちらの大きく撮ってある方 こちらを 船の部分ですね コピーして そして風景の中で小さく使うような 使い方をすると どうなるか 試してみましょう。 ペーストして 「不透明度」をちょっと下げてやって そして「自由変形」ですね。 これで大体同じ大きさになるように 調整します。 概ね同じぐらいですね これで拡大してみると どちらもきっちりと見えるというか むしろ縮小したもののほうが くっきりしてますね。 このように Photoshop 内で 合成をする時 元の大きさよりも拡大してしまうと どうしても絵が甘くなって 画質が低下しますけど 縮小するぶんには画質が 非常に有利に使えるということですね。 このことから素材用の写真 特に船ですとか特定のものを素材として 撮ろうという時には なるべく画面の中で 大きく写してやる必要があります。 なので最初から素材として 撮影に行った時には 素材になるように きちんと大きく写すのと同時に 例えばこれはそのうち素材として使うから という可能性があるようなものは 念のため その素材として使えそうなものが 大きく写ってるかと レンズを変えたり またはズームを調整して ズームレンズであればズームを調整して 大きく撮っておく というのをお薦めします。 素材は撮影の段階から 意識しておくと 使いやすさであるとか クオリティが大きく変わってくるので 是非とも普段から写真を撮る際に 心がけてみて下さい。

Photoshopを使った画像合成ワークショップ

Photoshopで合成を行うさいにはいきなり作業を始めるのではなく、レイアウトの基本をふまえてから行うと仕上がりに大きな差が生まれます。このコースでは素材からのインスピレーションの得方やカメラのレンズや設定がどう影響するかについて、また効果的なレイアウトの基礎知識やよく使われる編集テクニック、3D素材やストックフォトの活用法などについて学びます。

2時間06分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。