Photoshopを使った画像合成ワークショップ

三分割法での切り抜き

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「切り抜きツール」の基本的な操作方法と、「三分割法」に沿った切り抜きの知識について解説します。
講師:
05:44

字幕

このレッスンでは三分割法を使った 写真の切り抜きについて解説します。 今 Photoshop の方には サンプルの画像が どくろの不気味な写真が開かれています。 この写真ですが 「イメージ」の「画像解像度」から見てみると 幅 540 高さ 3800 のかなり解像度の高い 写真であることが分かります。 これくらいのピクセル数を持っていれば 多少切り抜いても かなり大きなサイズの紙にも 充分きれいに印刷できるので 何かと使いやすい素材であると いうことができます。 では切り抜きを行ないたいと 思うのですが 切り抜く時に問題になるのが ではいざ切り抜こうという時に どんな風に切り抜くか 適当に切り抜く範囲を決めても なかなかビシッと決まらないということが 多いのですが そんな時是非活用していただきたいのが こちらの「切り抜きツール」 これを使った切り抜きです。 選ぶと このようにして 全体に枠が当たりました。 では この枠をドラッグしてあげると このように切り抜く範囲を決めてやって ここで丸をクリックすると 切り抜かれるというところです。 切り抜きツールを使うときですが 適当に範囲を決めてしまうのではなく 是非参考にしたいのが このドラッグした時に出てくる この縦横の線です。 縦に2本 横に2本と線が引かれていますが これは適当に引かれているわけではなく 実は3分割法と呼ばれる レイアウトを決める上で 基本の1つとして多く用いられている 手法にのっとったグリッドになっています。 2本2本の線で合計9個のブロックに 画面が分割されています。 3分割法の意味ですが これはこの線同士が交差しているところ 例えば こういった所であるとか こういう所です。 線同士が交差しているところに 写真の中で重要なポイントとなる部分 それが持ってこられると 良いレイアウトになるというように 言われています。 例えば このようなサイズに切り抜くとして どくろのこの顔のちょうど中央辺り それがこの交差している所に来ると そんな感じにすると印象的な レイアウトになりやすいと そのようなセオリーがあります。 これが 例えば ど真ん中に 持ってきてしまうと これも別に無しではないですが 使うことは使うのですが ちょっと単調な感じの構図に なってしまいます。 少し変化を持たせたい時には この3分割法の交差している所に キーポイントを持ってくると だいぶ見栄えのする構造を 作ることができます。 この範囲を決めるときですが 今元の画像が持っている比率が そのまま保たれています。 それはここの「元の縦横比」というのが 選ばれています。 これを例えば「正方形」にすると 正方形になって キチンと正方形のままで伸び縮みします。 その他いろんな比率が入っていますが 例えば16:9というようなのにすると これはビデオでよく使われる比率です。 今の皆さんのご家庭にもあるテレビというのは 横が16に対して縦が9という比率で できているので ビデオ向けの静止画等を切り出す場合は こうした16:9等を使うことができます。 ここで今はこのように同じ比率で 動いているのですが 例えば元々横の写真だったけど これを縦の写真にしたいという場合は その時にはこれをドラッグしている状態で このようにグッと ちょっと外側を廻すような感じで ドラッグしてくると 90度回転します。 そうするとこうした形で縦の構造を 作ることも可能になります。 こちらは比率を保ったままで 縦にも横にもできるということです。 そしてこの切り抜く範囲は 写真をドラッグすると このように移動できますし この枠の外にポインターを出すと このようなカーブの表示になりますが こうなっていると 写真をこうぐるぐると 回すこともできます。 こうすると角度なんかも 非常に簡単に直せるので 非常に自由に本当に紙の写真を 定規にあてながら トリミングする範囲を決めるような感じで 扱うこともできます。 この3分割法のグリッドですが 初期状態でこれになっていますし こちらの選択肢から 「3分割法」が選ばれていると これで見るようになります。 この切り抜きツールを使って そして3分割法のルールにのっとって 切り抜きを行なうと かなり印象的な構造が作りやすくなるので 是非共試してみてください。

Photoshopを使った画像合成ワークショップ

Photoshopで合成を行うさいにはいきなり作業を始めるのではなく、レイアウトの基本をふまえてから行うと仕上がりに大きな差が生まれます。このコースでは素材からのインスピレーションの得方やカメラのレンズや設定がどう影響するかについて、また効果的なレイアウトの基礎知識やよく使われる編集テクニック、3D素材やストックフォトの活用法などについて学びます。

2時間06分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。