Photoshopを使った画像合成ワークショップ

「はみ出す」レイアウトで動きを表現

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
画面内からはみ出しているオブジェクトを配置することで、画面の外まで続く世界を想像させるような動きと勢いのあるレイアウトを行います。
講師:
04:46

字幕

このレッスンでは画面外へはみ出す レイアウトによって 動きを感じさせる手法について解説します 今表示している このサンプル画像ですが ボーリングのボールが当たって ピンが弾けてる瞬間ですね このような画像になっています これよく見ると 幾つかのピンが 画面の外にこうやって はみ出してます これもちょっとだけはみ出してますね 実はこれ全部合成で作ってあるので ピンを動かすことができます ではちょっとはみ出してしまっているピンを 中のほうに戻してみようと思います まずこれですね こっちのピンを ちゃんと全部見えるように でもう一個の はみ出している所ですね こんな感じに戻してやります そしてこれもですね はみ出さないように収めてあげて 綺麗に収まったという状態になりました 綺麗に収まりはしたんですけど 果たして最初の状態より よくなったかどうかですね それを「ヒストリー」ですね ここで これを表示して 前の状態と比較してみましょう 一番最初の状態が こんな状態でしたね で修正後が こんな状態 どちらがよりダイナミックな 感じがするでしょうか 比べてみると全部収まった方は 収まりは良いのですけど このはみ出してるものに比べて ちょっと勢いが弱い感じですね このはみ出してる部分があると いかにも強力に弾が当たって 弾けとんでるような 勢いがでますけど 全部収まってしまったら がらがらがらと崩れただけみたいな 勢いが弱く感じられるような 見え方をすると思います このように このレイアウトの 画面内からはみ出してしまう というのは一見 NG に見えるのですが 実はこんな感じで スピード感を表現する時には かなり有効なレイアウトでもあります また例えば こんなふうにちょっと加えて 更にはみ出してる ピンを加えてみると もうかなり迫力が増しますよね 手前にも倒れてきてると いったような形で 必ずしも画面内に収まってない方が ずっと迫力がでるというケースも多いですし より こっちですね スピード感のある感じもでてきます 動きがより躍動感がでてきたかな と思います こうした手法はいろんな所に使えます 例えばもう一個のサンプル見てみると これは凄い迫力ですね この工場か何かが爆発して レンガが飛び散っている所ですね これだけでも割と迫力のある 画像ではあるのですが 例えばちょっとだけこんなのが 加わったらどうでしょう たった 5個だけ大きなレンガがあって そのうち3個ははみ出してます この5~6個ぐらいの ちょっとしたレンガが加わるだけでも より自分のほうに レンガが迫ってきてると 危機感も感じますし またこのさっきのボーリングのピンと一緒で 切れてますね 切れてる部分がでてくることで より強力にはじけ飛んで もう画面の外まではみ出てると そんな感じがでてきます このように画面に収まってない オブジェクトがあると この画面の外を想像させる 外側にも続いていて影響を与えているんだと そういった想像力を見ている人の中に 生み出すと そういった効用があります なので特にこういう迫力を重視したいような コラージュを作りたい時には 綺麗についつい画面の中に 収めてしまいたくなるんですけど あまり綺麗に収めすぎずに 時にはこのように大胆に 画面の外まではみ出してるような オブジェクトを用意してあげると よりスピード感であったり 勢いというのが増してきます これも様々な場面で 使えるテクニックなので 是非とも試してみて下さい

Photoshopを使った画像合成ワークショップ

Photoshopで合成を行うさいにはいきなり作業を始めるのではなく、レイアウトの基本をふまえてから行うと仕上がりに大きな差が生まれます。このコースでは素材からのインスピレーションの得方やカメラのレンズや設定がどう影響するかについて、また効果的なレイアウトの基礎知識やよく使われる編集テクニック、3D素材やストックフォトの活用法などについて学びます。

2時間06分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。