Photoshopを使った画像合成ワークショップ

パスからベクトルマスクを作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
直線と曲線で構成された標識の画像をペンツールでトレースし、そこにベクトルマスクを作成して切り抜く手順を解説します。
講師:
03:42

字幕

このレッスンでは、ペンツールを使って ベクトルマスクを作る方法を解説します 今このサンプル画像ですが こんな感じの標識がでてます この下には こんな背景があります ではこの標識を切り抜いて この背景に重ねたいですけど こうした直線とこの綺麗な曲線で 構成されているものは ペンツールを使って切り抜くのが 一番綺麗に行けます ではやってみましょう ペンツールを使って まず始点をクリックします そして真っすぐの部分ですね 直線をひいて こっちも直線をひいて この曲線の部分は ドラッグしてあげると ペンツールの特徴のベジェ曲線 というやつで 綺麗にカーブを描けます こっちも直線を作って ドラッグして 曲線を作ってと この繰り返して非常に簡単に こういうかっちりした形のものというのは 囲むことができます こっちも直線で 曲線を作って あとはもう直線だけですね これで一周しました でパスを作成すると この「パス」というタブの所に 作業用パスというのがあります これを利用してマスクを作る 方法なんですけど 幾つかあって 例えば このパスを選択してる状態で これをクリックすると 選択範囲になります この状態でレイヤーマスクを クリックすると 切り抜きが行えます これも1つの方法なんですけど 今回せっかくパスを作っています レイヤーマスクはあくまで ビットマップ画像 つまり写真なんかと一緒の ドットの集まりですね それで作られてるマスクなんですけど このパスというのは 所謂ベクトル画像ですね 後から変形や拡大 縮小が 自由にできるタイプのデータになってます なので この特徴を生かしたベクトルマスク というのにしてみましょう では さっきのパスを 作業用パス 選んだ状態で 「レイヤー」メニューから 「ベクトルマスク」>「現在のパス」 これを実行します すると 見た目的には同じ状態ですけど 違う点として例えば パス選択ツールですね これを選んで 例えばこのパスの一部 ドラッグすると こんな感じに変形させるとか 後から変更することができるんですね こんな便利な使い方もできます またその他 例えばもう一回 ペンツールにして 「シェイプが重なる領域を中窓」 なんてですね こんな設定にしておいて 外側を囲むように もう一個パスを作ってやると こんな感じに くり抜く部分が逆にしたり このようなレイヤーマスクとはまた違った 方法を行うことができます で まあレイヤーマスクとベクトルマスクの 違いとして 逆にベクトルマスクでできない所というのが 所謂半透明の部分ですね そういった表現は レイヤーマスクのほうで 行えるようになっています 但しこういう幾何学的な切り抜きなんかは ベクトルマスクのほうが得意となっています それぞれ得意の分野が違うので 特徴を生かして 最適なほうに使ってあげて下さい

Photoshopを使った画像合成ワークショップ

Photoshopで合成を行うさいにはいきなり作業を始めるのではなく、レイアウトの基本をふまえてから行うと仕上がりに大きな差が生まれます。このコースでは素材からのインスピレーションの得方やカメラのレンズや設定がどう影響するかについて、また効果的なレイアウトの基礎知識やよく使われる編集テクニック、3D素材やストックフォトの活用法などについて学びます。

2時間06分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月13日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。