レディ・イン・ブラック

両半分のブリッジを結合

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作業の土台となる新しいファイルを作成し、そこに切り抜いた橋を配置。その後、橋のレイヤーを複製して反転させ、接合部をレイヤーマスクで整えます。
講師:
05:54

字幕

このレッスンでは作業の ベースとなるファイルを作り そこに橋を配置します では 橋を切り抜いた素材があるので これをメインの合成を行う所に 持っていきましょう では 新規に書類を作成します 「ファイル」>「新規」を実行して こんな数値を入れてください 「幅」が 5000 px 「高さ」が 7000 px 「解像度」が 300 dpi ですね 「カンバスカラー」は白でいいです 「カラープロファイル」は Adobe RGB と こんな内容で「OK」をクリックします そうするとこんな感じの 真っ白い台紙ができるので ここにさっきの橋を持ってきます さっきの部分ですね こちらに移動してきたら これですね 「移動ツール」 これを使ってドラッグすると こんな風に動きますね 別々な書類間をドラッグするときは ドラッグして行ってタブに重ねます そうするとパッと切り替わるので これを放すと このようにして持ってくることができました この運んできた切り抜いた橋の素材を 左下に持ってきましょう 左下に持ってくるとピタッと吸着する筈です これで配置することができました 配置したんですけど こっち半分が無いですよね こっち半分をどうしようかという事なんですが こちらのものを利用して 反対側の風景も作ってみましょう まず 今1枚だけあるこのレイヤーを 右クリックして 「レイヤーを複製」を実行します そうすると重なっているので 分かりづらいですけど 実はもう1個同じレイヤーができます これを左右反転させます レイヤーを選んでる状態で 「編集」>「変形」から 「水平方向に反転」を実行します そうするとこのようにくるっと こっち側を向きました これを下ろしてくると 例えば 同じ所に合わせてしまうと 重なりすぎてしまって変です なので 適度に 合いやすい所で 配置する必要があるんですけど 例えば 同じところで ピタッと真ん中でつけてしまうと こちらが反転して同じなのがバレバレですね 余りに分かりやすくなってしまうので ちょっと重ねましょう どれ位重ねるかという所ですね まず この上のレイヤーを不透明度 ちょっと下げて 重なりがある程度見える感じですね これ位にしておきましょう どれ位にしようかなという所なんですけど 概ねこれ位でいいかなと思います この端がそれぞれの街灯より ちょっと飛び出る位と これ位にしておきましょう この状態で こんな感じで 不透明度 100% にしておきます まだこんな感じで接合部が ちゃんとしてないですけど ここを レイヤーマスクを使って 作業して行きます こちら側のレイヤーマスクを選んで ブラシツールを持ちます ブラシは直径を 小さめにしておいて これで作業を行っていきましょう 描画色黒で レイヤーマスクを選んで この辺ですね マスクを選んでる状態で塗って行くと このように消えてくるので この石畳の溝が 自然な感じになるように加工します このようにやって行くと どこかしらで割とうまい具合に 辻褄が合うところが出てきます こんな感じですね もし塗りすぎてしまったので 戻したいという時は 逆に描画色を白にして塗ると 戻ってきます こんな感じで合成してやると 最初から石畳があるような感じですよね なかなか面白い具合に 合成していくことができます コツはパターンが乱れないように パターン同士がうまく絡み合って 最初から石の組み合わせで できてるように見えるように このパターンを作って行くのが ポイントとなります こんな感じで上の方まで マスクの作成を行っていって下さい

レディ・イン・ブラック

Photoshopで複数の写真を組み合わせた作品を作るには、素材撮影の段階から完成形を意識することで作品のクオリティをさらに上げることができます。このコースでは複数の背景写真を1枚にまとめるテクニック、シーンに応じた影の描画やモデルの肌や衣装の調整、フォントを追加してのタイトルの作成などについて学ぶことができます。

2時間18分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。