レディ・イン・ブラック

建物を暗くする

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
最終的な構想にあわせ、背後から光を受けて正面が暗くなっているような効果を、調整レイヤーのレベル補正を使って個々の建物に適用します。
講師:
03:33

字幕

このレッスンでは建物を暗く加工します ではこの今作っている画像なんですが 最終的にもっと暗い画面になります 但し暗くする時 画面の中一律でやってしまうと それぞれ場所によって光のあたり方を 変えたいので不都合があるんですね 例えば雲を見てみると雲は明らかに 光が当たっている形になってますね なので建物より背後の方に 光源があって雲が光っている感じですけど そうなると例えばこういう建物は 光源の裏側になりますので もっと暗く落ち込んでなきゃいけないですね なので個別に建物だけ 暗くしてみましょう ではこちら側 右側の建物ですね この一個上の所に 「色調補正」>「レベル補正」 これをアサインします レベル補正があると 操作すると明るさはかわるのですけど このままだと空も一辺に変わってしまいます なのでこういう時には このボタンを押して この一個下にあるレイヤーに クリッピングします すると 建物だけが変化するようになります ではまず「出力レベル」 これの右側のほうですね これを動かすと明るさが大きく変化しますので これをどんどん下げていきます もっと下げて では大体107ぐらいでしょうか これぐらいにしておきましょう 全体はこんな感じなのですけど 途中の階調 これもちょっとコントロールしたいので 右の方に行って 0.83にしましょう このガンマの部分が0.83 「出力レベル」の右側が107と こうなるとかなり ここがぐいっと 暗く落ち込んだ感じになりました そしたらこれ同じ処理を こちら側の建物にも適用しようと思います では今調整した レベル補正の調整レイヤーありますので これ右クリックして 「レイヤーを複製」します 同じものができましたね 2個になったので こっちが真っ暗になっちゃいましたけど これドラッグして 左側の建物の一個上に 持っていきます そうするとクリッピングが外れるので 全部に効いてしまいましたけど これも今度は このレイヤーを右クリックして 「クリッピングマスクを作成」 これやってもいいですね そうするとこっちの左側の建物だけに 適用されました これで建物2つが暗くなって 後ろから光を受けて 見えている側は暗いという形ができました 明るさの調整 ついつい一括で やってしまいがちですけど このように切り抜いて 配置してあるものは個別に細やかに 設定することができるので 是非 クリッピングと合わせて活用してみて下さい

レディ・イン・ブラック

Photoshopで複数の写真を組み合わせた作品を作るには、素材撮影の段階から完成形を意識することで作品のクオリティをさらに上げることができます。このコースでは複数の背景写真を1枚にまとめるテクニック、シーンに応じた影の描画やモデルの肌や衣装の調整、フォントを追加してのタイトルの作成などについて学ぶことができます。

2時間18分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。