レディ・イン・ブラック

ブラシで「もや」を描画

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
読み込んだカスタムブラシを使い、橋の奥の部分に「もや」を描画する手順と、ブラシの細かい調整について解説します。
講師:
04:01

字幕

このレッスンではブラシを使って 橋の奥のほうに靄を描画します それではこの辺に靄を 描画したいんですけど まずその受け皿となる新規レイヤーですね この橋の一個下の所に作ってみましょう 新しくレイヤーを作ります ではこのレイヤーに対して ブラシで書き込みを行います ブラシを選んだら まずブラシの選択ですね 「ブラシプリセット」で 新しくカスタムでロードした中から この608とサイズが書いてある奴 これを選びます では試しにこのレイヤーに ちょっと変えてみると こんな感じになりますね 今 描画色が赤なのもありますけど こんなふうになるのですけど まだちょっと靄っぽさが足りないと思います かっちりしすぎてる感じですね ではこれを調整して もっと靄のような感じにしていきましょう では このブラシの設定の所に移動します そしたら「シェイプ」 ここを開けて下さい ここで今揃ってしまっているので 煙感がないですよね この「角度のジッター」を上げてやると ランダムになっていて 一気に煙っぽさがでてきますね では「サイズのジッター」も多少 いじってやると よりランダムな感じになってきます 次にこの「散布」という所 ここらへんでも この広がり具合をちょっと調整してやって 数はこんな感じですね 「数のジッター」を少し調整してやります そしてその他 様々な項目がありますけど 「その他」の中に 「不透明度のジッター」というのがあるので これですね コントロールしてやると よりムラがでてきます こんな感じになってくると 大分靄のような感じがでてきたと思います ではこの状態で描画色ですね これ調整しましょう いま真っ白なので 色相を黄色っぽい所に持って行って 若干 靄も黄色っぽいような 色にしておきます そしてここら辺 大きく塗っていくので サイズをかなり大きくしておきましょう 2500ぐらいでいいですね そしたら「不透明度」 これかなり下げておいて 30%ぐらいで塗ってみましょう じゃあこの辺ですね 一回クリックしてみると ちょっともやっとしますね このように何回かクリックしていると 段々 靄が広がってくる感じになります じゃこっちのほうまで ずっと適用していきましょう 下の方は濃く 上の方は薄く 特にこの真ん中辺りは ちょっと濃い目に入れておきます で手前のほう かけないでおきます 上のほうもあまり濃くしないでおくと この奥の辺り この辺に靄が立ち込めてる 雰囲気がよくでてきますね ブラシも初期設定のままだと 雰囲気がでないこと多いですけど このようにカスタムの項目 いじってやると かなり意図しているような 雰囲気がでてきます 是非とも設定を変えると どんな感じになるか いろいろと試してみて下さい

レディ・イン・ブラック

Photoshopで複数の写真を組み合わせた作品を作るには、素材撮影の段階から完成形を意識することで作品のクオリティをさらに上げることができます。このコースでは複数の背景写真を1枚にまとめるテクニック、シーンに応じた影の描画やモデルの肌や衣装の調整、フォントを追加してのタイトルの作成などについて学ぶことができます。

2時間18分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。