レディ・イン・ブラック

RAWコンバータで編集モデル

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スタジオで撮影された元データであるRAWファイルをCamera RAWで開き、プロファイルの設定や色の補正、トリミングなどを行います。
講師:
06:13

字幕

このレッスンでは RAW ファイルの 現像について解説します それではこの背景の一番前に 合成するメインの被写体となる人物ですね その写真を用意したいと思います では「ファイル」メニューから 「開く」をクリックします そして「model.ARW」 というファイルがあります これがスタジオで撮影した写真ですね モデルさんを写した写真の RAW ファイル つまり 一番多くの情報が含まれている デジタルカメラで撮影した 一番基になるファイルですね RAW ファイルは例えば JPEG なんかの 画像に比べて 非常にはるかに多くの情報が含まれています 例えば他の形式になってから Photoshop 上でいろいろ調整するよりも RAW ファイルの段階で調整したほうが より高画質などを保つことができます ではこれを「開く」をクリックすると このように RAW ファイルが開かれます そしたら幾つか設定を行っていきます まず基本的な所として ここをクリックして下さい 「レンズ補正」というのがあります 今「レンズプロファイル補正を使用」 というのがオフになってますけど これをオンにしてみると こんな感じで若干変わりますね これオフにしてると若干ここら辺が 歪んでる感じがしますけど オンにしたほうが より真っすぐになってます この枠だとわかりやすいですね 微妙に歪曲しているのですけど 真っすぐになります これ何かというと レンズというのは もちろん個々それぞれの特徴で ちょっとずつ癖があるんですね ここにでてますけど この写真を撮ったレンズは 「Sony FE 24-70mm F4」 このレンズを使ったんですね Photoshop のカメラ RAW にはこうした レンズのデータがいっぱい入っています そしてデジタルカメラで 撮影した段階で どのレンズを使ったというのが カメラのほうで ファイルに入れるようになっています データベースにあるレンズであれば このようにそのレンズ独特の癖なんかを 自動的に補正してくれて 最適な形にしてくれます これはオンにしておくだけで 自動で働くので 是非ともこれはオンにしておいて下さい では基本補正のほうに ちょっと移って 幾つか項目を直していきましょう まず今これ 大体よく録れているんですけど ちょっとこの髪の毛とか この服の境目ですね 暗く落ち込みすぎなので 「シャドウ」のコンプですね これを上げてやると こういう細かい所が 明るくなってきますので 「シャドウ」 75ぐらいにしておきましょう だいぶ違いますね 髪の毛なんかが はっきり見えるようになりました そしたら次 「明瞭度」ですね これ下げると非常にソフトになって 上げると凄くハードになりますね じゃこれもですね 28ぐらい 若干シャープな感じですね これぐらいにしておきましょう そして「自然な彩度」 これでだいぶ鮮やかさが違ってきますね これ +10ぐらいにしておきましょう これでちょっと シャキッとした感じになりましたね そしてこれ グリーンの前で撮影してるのですけど 若干こっちのですね 肌の所に色が被っている感じがあるので 「HSL グレースケール」という タブを開きます ここで「色相」というタブでは このように色相ごとの調整が行えるので この「イエロー」の項目を動かすと わかるでしょうか ここの部分 注目して下さい 今ほぼ標準ですけど 何もしないとこれぐらいなのが 「イエロー」をぐいっと 左の方に持ってくると 自然な肌色になりましたね 何もしないと緑っぽいのが被ってます こうやると より自然になります 同時にこの「グリーン」の所 ここもこんな感じになりますけど これも概ねこれぐらいまで やっておくと 全体の色調が良くなってきます これで色の調整は大体 OK ですね 最後にこの黒幕の所とかですね 不要な部分があります 不要な部分は切っといた方が Photoshop のメモリの消費も少なくなるので この時点でトリミングしておきましょう トリミングのツールを使います 切り抜きツールですね これをクリックすると このように四角にハンドルがでてくるので 今回は最終的に この人物 切り抜いてしまうので 縦横比は自由で構いません ドラッグして まずこの黒幕が 無くなる所まで持ってきます そしたら下のほうも 少しゆとりを持たせて これぐらいでいいでしょうかね 上と左も ほぼ必要な範囲だけに限って ここで「画像を開く」をクリックすると Photoshop のほうに開かれます これで開かれましたね 普通のレイヤーとなってます Photoshop で開いた後も こっちで作業したものというのは RAW ファイルに上書きされるんじゃなくて また別個のファイルになります RAW ファイルはあくまで 破壊されずに残ってますので また別の調整を行うこともできます スタジオで撮影した写真 最終段階 RAW 現像の段階で 微調整することで より完璧なものになるので RAW 現像 是非細かくやってみて下さい

レディ・イン・ブラック

Photoshopで複数の写真を組み合わせた作品を作るには、素材撮影の段階から完成形を意識することで作品のクオリティをさらに上げることができます。このコースでは複数の背景写真を1枚にまとめるテクニック、シーンに応じた影の描画やモデルの肌や衣装の調整、フォントを追加してのタイトルの作成などについて学ぶことができます。

2時間18分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月14日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。