レディ・イン・ブラック

2種類のマスク調整を組み合わせる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
明るさの違いからグリーン成分が多く残っている足元に対し、ペンツールでパスを作成し、選択範囲に変換して残り部分のマスクを調整します。
講師:
06:29

字幕

このレッスンでは靴の部分の マスクを修正します 現在の状態ですが大分髪の毛とか 綺麗にマスクを作ることができました ただ 下の方に行くと 足元ですね 大分グリーンの色も 元々違ってしまっているので なかなか綺麗な状態になっていないですね ここは別の方法を組み合わせて 綺麗に抜いてみたいと思います そこで使うのがペンツールです 上の方は髪の毛などがあったので ペンツールで抜くというのは 無理だったんですけど 足元を見ると細かい髪の毛なども無いので この靴の部分はペンツールで 綺麗に切り抜けそうな感じになっています では ペンツールを選んで この辺は綺麗に抜けているので この辺からパスの作成を開始します まずはこんな感じに この残ってる部分を避けて ぎりぎりの所ですね 作って行って この足のエッジの部分 この辺からやりましょうね ここら辺からこの足の形を沿うような形で パスの作成を行います この指の形に合わせて こんな感じでパスを作って カーブしているところも合わせて こっちにもう1個のつま先が来てますね そこに向かうようにして パスを作っていきます 微妙に位置を調整しながら 次はヒールの部分ですね ここがこんな感じのカーブになっているので カーブを生かすようにして こっちもですね こういった形で作っていきます きれいになっている所まで やってきたので ここから大まかで大丈夫です 外側を通して行って これで今成分が残ってしまっている所 これを全部パスのこっち側に 囲い込むことができました そしたら右クリックして 「選択範囲を作成」を実行しましょう このときに「ぼかしの半径」を ちょっとだけ上げてやると エッジの部分がきれいになるので 0.3 px としておきましょう そうすると選択範囲ができました ではブラシツールを選んで 黒にします ブラシはこの丸ブラシですね これで直径を多少上げてやって 不透明度は100%でやりましょう これは選択範囲の中だけを処理できるので レイヤーマスクを選んで 描画色を黒に設定して この中の方ですね 塗っていけば 今残っているグリーンは ことごとく無くなっていきます こんな感じに綺麗にすることができました もう1点 この足が グリーンが載っていたので 逆に透けてしまっているんですね そういう所は選択範囲を反転させます そして今度は描画色を白にします そうするとこの辺りを塗ってやると 半透明になっていたところが 復活して きちんと見えてきます こういう時あまり外側に飛び出てしまうと 外側もグリーンが見えてしまうので この辺ですね ぎりぎりにしておきましょう そうするとこんな感じですね 色は残ってますけど 形としてはきれいに抜くことができました そしたらこの選択範囲を 「選択範囲を保存」で 保存しておきましょう これでチャンネルの方に 今のこの形も残っています こうなってれば解除しても大丈夫です 解除してみると若干少しだけ残ってるので ここもレイヤーマスクを微調整しましょう ブラシで黒ですね 描画色黒でレイヤーマスクを この辺塗ってやると 残っているのも綺麗になります 細かい所は半径を調整して 仕上げてやるときれいにできますね これで外側の形としては きれいに人物を切り抜くことができました

レディ・イン・ブラック

Photoshopで複数の写真を組み合わせた作品を作るには、素材撮影の段階から完成形を意識することで作品のクオリティをさらに上げることができます。このコースでは複数の背景写真を1枚にまとめるテクニック、シーンに応じた影の描画やモデルの肌や衣装の調整、フォントを追加してのタイトルの作成などについて学ぶことができます。

2時間18分 (27 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月14日
再生時間:2時間18分 (27 ビデオ)

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。