Animate CC の新機能

Adobe Animate CCとは

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Flash Professional CCから名称が改められたAnimate CCについてご説明します。
講師:
02:03

字幕

このレッスンでは製品の名称を改められた Adobe Animate CC について 簡単に説明します 現在開いているのは日本の Adobe サイトのトップページです このメニューの「すべて見る」で スクロールすると 「Animate」の新しいアイコンが 表示されました ここで「最新情報」を見てみましょう すると「新機能一覧」ということなんですが 旧名称は Flash Professional それが Animate CC に変わりまして ですから実質的にはアップデートと いうことになりますので どんな機能が付け加わったかというのが 細かいものまで一覧で出ています そしてそれ以前は Flash Professional CC でしたので それも連続してどんなアップデートが されたかというのが 時系列に載っています そしてなぜ名称が変更されたのかと いうことをちょっと確認しておきましょう 「名称変更の理由」というリンクがあります これで Adobe のブログ 「Creative Station」に飛びまして Adobe Flash Professional を Adobe Animate CC に 何故名称を変えたのかと いう説明がされています これに拠りますと Flash Professional の頃から HTML5 Canvas とか WebGL を ネイティブサポートしていました けれどもそういった Flash Player AIR 以外のものに対しても どんどん対象を広げて行こうということで ウェブや新たなプラットフォームに最適な アニメーション制作ツールであることを より明確に示すということを目指して この名称変更が行われました ですから今回 アニメーター向けの 細かな使い勝手の改善や Publish 或いは書き出し機能についても 強化が加えられています このレッスンでは Flash Professional から 名称が改められた― Animate CC について簡単に説明しました

Animate CC の新機能

Flash ProfessioalがAnimateへと生まれ変わりました。新しいAnimateではこれまでのFlash PlayerやWebだけではない、より幅広いメディアプラットフォームへの対応が強く意識されています。HTML5への対応強化やCreative Cloudを通じた他のアプリケーションとの連携の機能など新しい機能や機能強化について解説します。

1時間18分 (22 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年04月21日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。