Animate CC の新機能

Creative Cloud Librariesの追加

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「CC Libraries」パネルが備わり、他のアプリケーションとデータを共有したり、Adobe Stockの素材も使えるようになりました。
講師:
03:27

字幕

このレッスンでは新たに加わりました Creative Cloud Libraries の機能についてご説明します 現在新規のドキュメント 真っさらのドキュメントが1つ開いています Creative Cloud Libraries というのは 他の CreativeCloud のアプリケーションと データがライブラリで共有できる という機能です このバーのこれが CC libraries というボタンなんですが ここで 例えばこのグラフィックは Illustrator で作ったものなんですが それを利用することができます 単純にドラッグ&ドロップですね そうするとパネルがでてきます ここで幾つかの設定を確認しますけど まずレイヤーは編集可能状態が 便利だと思います 場合によってはビットマップに 統合することも可能です それからテキストがないので 関係ないですが テキストが編集可能な状態にしておくか べクターでアウトラインを取ってしまうか やはりビットマップにするか という選択があります そしてレイヤーなんですけれど 通常は Animate レイヤーにするのが便利でしょう これで「OK」ボタンをクリックします では位置を少し中央にもってきましょうか 「整列」のパネルで 「ステージを基準」に 中央 というふうにします それからもう1つ CC libraries なんですが AdobeStop の素材も 使えるようになっています この検索のボックスで 検索ができるのですけど 例えば penguins としてみます そうすると これは写真素材ですね 場合によってはアウトラインが取れる イラスト素材というものもあります では一番先頭のを使ってみましょう その場合 この透かしの入った 仮の状態で使うのか この場合には何もお金はかかりません あるいはライセンスを購入するのか という選択ができます とりあえず使ってみて最終的に これを使うことになったら購入する ということができますので ここではプレビューを使うことにします これが今選んでいる MyLib という所に入ります 入ったらやはりドラッグ&ドロップで 持ってくることが出来るのですが レイヤーを一個追加しておきましょう レイヤーを追加して下に持ってきます 改めて CC libraries を開いて この下のレイヤーに 今の写真を持ってきましょう サイズが大きいようですので 「プロパティ」でサイズを選択します 半分ぐらいにしておきましょうか 縦横比は整えたいので 縦横の比率を固定ということで 現在ステージのサイズは 550 デフォルトですけれど なっています そして高さが 400 なんですが 12.5 余りますけど良いでしょう ペンギン少し小さくしましょう サイズを 半分ぐらいということで 80 と これも縦横 比率を揃えます 例えばこんな感じですね ということで このレッスンでは 新たに加わった Creative Cloud の libraries CC libraries のパネルについて ご説明をしました

Animate CC の新機能

Flash ProfessioalがAnimateへと生まれ変わりました。新しいAnimateではこれまでのFlash PlayerやWebだけではない、より幅広いメディアプラットフォームへの対応が強く意識されています。HTML5への対応強化やCreative Cloudを通じた他のアプリケーションとの連携の機能など新しい機能や機能強化について解説します。

1時間18分 (22 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年04月21日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。