Animate CC の新機能

HTML5 Canvas の強化

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
細かな改善が加えられたHTM5 Canvasドキュメントのパブリッシュについてご説明します。
講師:
02:42

字幕

このレッスンでは HTML5 Canvas の ドキュメントのパブリッシュ機能の 強化について説明します 現在開いているのは Flash Player 向けの ActionScript 3.0 ドキュメントです これをキャンバス用に変換しましょう 「コマンド」> 「他のドキュメント形式に変換」し 「HTML5 Canvas」で「OK」して 新たな名前でファイルが保存されました この名前ですね ちょっと位置がずれてますので 「ステージの中央を表示」で 真ん中に揃えます ではパブリッシュ設定を見てみましょう 「ファイル」>「パブリッシュ設定」です そして「詳細」というタブを見ますと 「HTML のパブリッシュ用テンプレート」と いう機能が加わりました これはデフォルトのテンプレート以外に 自分でカスタムのテンプレートを作れると いう機能なんですが これを使う場合には現在のテンプレートを 雛形として書き出しし それを Dreamweaver などの HTML を編集するソフトで編集し それが終わったら「新しく読み込む」 ということで そのテンプレートを読み込めば良いでしょう それから「スプライトシート」の 書き出しなんですが 少し設定が細かくなりました 「PNG」 「JPEG」 「両方」という 選択があります ここではちょっと「両方」を選択してみましょう そうすると「PNG」と「JPEG」それぞれについて 画質の選択ができるようになりました 8Bit 24Bit 32Bit が PNG の場合ですね それから JPEG の場合はパーセンテージで 画質を指定することができます では この設定は PNG に戻して そして「パブリッシュ」しましょう それから「OK」ボタンです パブリッシュされた HTML ドキュメントを Dreamweaver で開きました ここで見て頂きたいのは この script 要素の部分です createjs のライブラリを使うんですけども この createjs ライブラリが createjs そしてアップデートされた日付の minify コンパクト化した JS ファイル ということになっていまして 1本のライブラリで済んでしまうと いうことです ですから前のように いくつもライブラリを読み込んで サーバーへのリクエストが発生すると いうことが防げることになりました このレッスンでは細かな改善が加えられた― HTML5 Canvas ドキュメントの パブリッシュ設定についてご紹介しました

Animate CC の新機能

Flash ProfessioalがAnimateへと生まれ変わりました。新しいAnimateではこれまでのFlash PlayerやWebだけではない、より幅広いメディアプラットフォームへの対応が強く意識されています。HTML5への対応強化やCreative Cloudを通じた他のアプリケーションとの連携の機能など新しい機能や機能強化について解説します。

1時間18分 (22 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年04月21日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。