Emmetでコード入力を速めよう

複数の要素や属性を定める

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
子要素を複数にして、属性の値も加えてみます。
講師:
02:27

字幕

このレッスンでは子要素を複数にしたり 或いは属性を加える方法について説明します。 この新規の HTML ドキュメントで body に ul 要素を加えましょう。 ul 要素で 子要素として閉じタグですね。 li 要素、そして更に子要素として a タグと いうことで展開します。 これを複数にしたいという時は 勿論 コピーペーストしても構いませんが 複数にするという指定が出来ます。 では一旦取り消しましょう。 Ctrl もしくは Command+Z ですけども。 複数にしたい li 要素を 例えば3つにしたいという場合は アスタリスクですね。 掛けるというときに使う記号ですけども 3として、ポインタを必ず 行の最後に持ってきた上で Tab キーです。 これで3つ入りました。 さて href の中にはとりあえず #マークを入れると いう風にしたいと思います。 これ位できたら 別に手間じゃないんですけども この指定も加えることができます。 ではまた 消してしまいますけど ul の 閉じタグ li の閉じタグで 掛ける3を先に入れておきましょうね。 * 3 で 閉じタグで a 要素。 そして a 要素に属性を 指定したいという場合には [ ] で囲みます。 そしてその中に指定したい属性を まんま href ですね。 = で、" " の中に#マークということで 一番最後、行の最後にポインタを もって行った上で Tab と いうことで全部に#マークが入りました。 これ位でしたら後から入れた方が むしろ速いかもしれませんけれども 入力が大量にある場合など 状況によってやり方を選ぶと 良いと思います。 このレッスンでは 複数の子要素を展開する方法と そうした子要素に属性の値を 加える方法について説明しました。

Emmetでコード入力を速めよう

EmmetはHTMLやCSSのコーディングを強力に支援するプラグインです。Dreamweaverをはじめ、さまざまエディタにも対応しています。このコースではHTMLとCSSの基礎を学んだ方向けに、Emmetを使うさいの基本的な入力方法について解説します。このコースでEmmetを学習して、コーディングの効率を大幅にアップしましょう!

1時間02分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年04月25日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。