一歩進んだPhotoshop合成テクニック

レイヤーマスクとブラシを使ったマスク作成

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ブラシを使ってマスクを作る際、カスタムのブラシを選んで、角度や数の要素に変更を加えより最適な設定にする手順を解説します。
講師:
10:04

字幕

このレッスンではブラシを使った マスク作成について解説します それではこのレッスンの素材 今開かれています 見てみると動物が このように立っている このような写真になっています ではこのこちら側の 左側の動物 こちらをマスクを作って 切り抜きを行いたいと思います ではマスクなんですけど 実際にやってみましょう まず今レイヤーですね 今一枚だけになってます ここのレイヤーに対してレイヤーマスク それを作成します ではレイヤーマスクを作成する時には ここですね レイヤーのパネルの一番下に 「マスクを追加」というボタンがあるので これをクリックすると ここにレイヤーマスクが作成されます 作成されると こっちの レイヤーの内容の画像自体 こちらをエディットするモードと こっちのマスクのほうをエディットするモード それを切り替えることができます これでレイヤーマスクのほうが 選ばれてる状態ですね この状態で例えば ブラシを使って そして描画色 黒ですね それを使ってレイヤーマスク上を塗ると その部分が― このように透明になります これでマスクが作成されたということです 試しに Mac の方は Option キー Windows の方は Alt キーを押しながら ここのマスクの部分 クリックしてみると このようになっています マスクの白い部分は 元の画像がちゃんと残っていて 黒い部分だけですね 黒い部分は このように透明になる マスクされるという このような状態ですね では一度これを戻します Mac の方は Command キー Windows の方は Ctrl を押しながら Z で Undo して戻りました ではこの動物を切り抜こうと思うんですが ちょっと拡大してみましょう 拡大してみると この動物ですね かなり毛がもこもことしています ではこれをレイヤーマスクを使って マスクを作ろうと思うんですが 普通にやってしまうと どうもあんまり綺麗にいかないですね なんとなく切り抜けてるように 見えてるんですけど どうもエッジの部分が ちょっとぼやっとしてしまう またもっと硬いブラシを使うと 今度はちょっとはっきりしすぎてしまう ではこのマスクを作った所は 「ヒストリー」ですね これを戻すと 直すことができます ではもっとこの毛のパターンに 合ったような形でマスクが作れないか ということで そこで役に立つのが ブラシですね ブラシのオプションで形の違うブラシを 選んであげると より様々な形状に適したマスクの 作成を行うことができます では 実際にやってみましょう では ブラシを選んでる状態で ここですね このアイコンクリックして ブラシのパネルを表示します そしたら「ブラシプリセット」 これを開けてみましょう 様々な形のブラシが このように出てますね こういったものの中から このマスクを作りたい形に合ったもの それを選んでいきます こんな感じでいっぱいある中から 選んでもいいですし 更にこのパネルのこっちのメニュー これをクリックすると 様々なブラシのライブラリがあります では今回はこの「素材ブラシ」という奴ですね これを選んでみましょう そして置き換えますかと出てくるので 「OK」をクリックします そうするとこんな感じで 素材ブラシという内容に置き換わりました では 今回はこの素材ブラシの中 いろんなのありますけど ここにこんな感じの ちょっと鳥の羽みたいな形のブラシがあります これが結構 動物の毛の雰囲気と ちょっと似てるので これを使ってみましょう これをクリックして選びます そうするともうポインタが変わってますね ポインタがブラシの形になってます では このマスクの上 この形で試しにやってみると このブラシの形が連続していくような形で マスクが作られました では Command もしくは Ctrl+Z で戻します このままではまだ荒っぽいので このブラシの形を微調整していって この動物の毛にピッタリ合う感じに していこうと思います では このブラシのパネル この「ブラシ」という方 こちらで調整を行います ではこの「ブラシ先端のシェイプ」と 様々な項目があるのですけど ここで様々な細かい設定が行えます 下に出てるここの部分 これはプレビュー 最終的にどんなふうに ブラシが塗られるかですね では早速調整を行っていきましょう まず今これタブレットなんかを使ってると 筆圧によって 細くなったり 太くなったりするんですけど それを最初の直径という所 これいじってあげると こんな感じに均等にすることができます そしたら次にこの 「角度のジッター」という所 これを増やしていってみると どうなるかというと こんな感じで これが0だと 全部揃って規則的に揃った形になりますけど 角度のジッターをどんどん 上げれば上げるほど ランダムになっていきます これを例えばこんなぐらいでしょうか 60% ぐらいにしてみました そうするとかなり このようにランダムに並んでいる 太い毛も細い毛も あるような感じになりました ではランダムにはなったんですけど ちょっとまだ密度が足りないですね そしたら次は この「散布」という所 これを選びます そしたらこの「数」というスライダを 動かしてやると どんどん増えますね そうするとかなり この動物の毛のような感じになりました ではこれを使ってマスクを作ってやりましょう ではブラシのサイズが大きすぎるので ここを開けて 「直径」これをどんどん落としていくと 小さくなっていきます では拡大してやって この毛の部分ですね 今不透明度 100% になってますけど これを 50% ぐらいにして 一気に消えてしまわないようにしながら 作業をしてみましょう こういったもので こういう所ですね このように作業していくと もうブラシの形がどんどん 変わっているのがわかりますね マスクが作られた所 ちゃんと柔らかい感じになってますね きっちり切り抜かれるんじゃなくて 毛のふさふさ感がちゃんとでた形で このようにマスクが作られていってます ちょっと行き過ぎたかなという時には 色を白にしてやったり 又はブラシのサイズをもう少し 落としてやって 白で塗ってやると復活します こんな形で 塗っていってやると ちゃんと つるっとした感じでなく ぼこっとした毛の部分ですね これを表現しながら マスクを作っていくことができます こんな形ですね 要らない所はもっと大雑把でいいので どんどん消していくことができます まずはこの体のエッジの部分を 仕上げてしまえば あとは大雑把に消せるので 作業が楽になります このようにブラシを使って マスクを作る時に このオプションで様々な形状の ブラシを選ぶことができます まずはプリセットで近いものを選んだ後に このランダムな毛なんかのパターンには 「角度のジッター」ですね それを増やしてやったり 密度を変えるには この「散布」の数を 変えてやったりとしてやることで 様々なエッジを作ることができます 様々な素材に対して行うことが出来るので 是非とも試してみて下さい

一歩進んだPhotoshop合成テクニック

Photoshopで合成・コラージュの作業を行うさい、マスクによる切り抜き方や光や影の処理具合によって仕上がりに大きな差が生まれます。このコースではさまざまなマスク作成のテクニックやブラシによる立体感の作り方、3Dオブジェクトを使った影の作成や色調補正を使った太陽光線の作成、蒸気やかすみを使った表現などについて学ぶことができます。

2時間20分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。