2017年7月26日に弊社のプライバシーポリシーが改定されました。引き続きLynda.jp日本版をご利用になることによりこれらの文書に同意されたものとみなされますので、事前にご確認ください。

一歩進んだPhotoshop合成テクニック

「浮いたボール」を描画

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
塗りつぶしで描画した単純な正円の図形に対し、ブラシで影やハイライトを追加して、3D的に見える「浮いたボール」を描きます。
講師:
10:32

字幕

このレッスンではブラシによる描画で影とハイライトを書き加えて立体的な図形を作ってみましょうそれでは Photoshop のペイントの機能を使うと3D のソフトなんかを使わなくてもまるで 3D のような立体的に見える画像を書くことができます簡単な例を実際に0から作ってみようと思いますでは Photoshop を立ち上げて何もない状態になってます「ファイル」>「新規」から新規の書類を作りますそうすると新規の設定がでてきます今回はきちっとピクセル数設定してやってみましょうまずこの単位の部分ですねここを pixel にします縦も横もですね幅 高さ両方とも pixel にしますでは今回は幅を3000 pixel にしましょう高さは 2000 pixel にしましょうそして「解像度」ですねこれ 300 pixel per inchdpi と言われますけどこの設定にしますかなりこの画面にも収まりきらないので縮小されますけど印刷しても綺麗にでるぐらい高解像度の設定になっていますそれではこの設定でOK をクリックしますそうするとこんな感じの新規のまっ白な書類が作られますではこの白い背景に直に書いてしまうのではなくてレイヤーを作って そこに書いていくことで段階的に調整できるようにしましょうではまずレイヤーパネルのここをクリックして新規レイヤーを1つ作ります一個できましたでは今度はこの選択ツールで楕円形選択ツールこれを選びます楕円形選択ツールはこのように円形の選択範囲を自由に作ることができます選択範囲を解除する時にはMac の方は Command キーWindows の方は Ctrl キーを押しながらD を押しますでは今回は完全な正円ですねまん丸を書きたいのでそういった時には Shift キーを押しながらドラッグしますでは Shift キーを押しながらこんな感じにドラッグして概ねこんなもんでしょうか厳密じゃなくてもいいです大体これぐらいと言った所でいいので作ってあげて放しますShift キーを押しながらだとこういった正円の選択範囲ができます選択範囲ですね選択ツールが選ばれてる時にはドラッグして動かすこともできますでは今このレイヤー選んでますねこの選択範囲内を塗りつぶすことで一番ベースになる部分作ってみましょうでは「編集」メニューから「塗りつぶし」これを実行しますそしたらいろんなモードがあるんですけど今回はカラーを選んでここで 実際に色を指定してみましょうでは今回なんですけどそうですね概ねこんな感じモスグリーンぽい色にしてみようかと思いますこれですね例はモスグリーンでやりますけど何色でやっても構いません但しあまり明るすぎる色または暗すぎる色だと影と光がわかりづらいので明るさ的にこのモスグリーンぐらいに見える所であれば違う色でも構いません例はこれぐらいのモスグリーン正確に再現した場合にはこの数字入れて下さい ここですね「カラーコード」とありますので53752F とここに入れてあげれば全く一緒の色になりますではこれで OK すると塗りつぶしが行われましたでは Command もしくはCtrl+D を押して選択範囲を解除します現時点では全く立体に見えませんねただのべたの丸ですねこれをブラシを使って影を塗って行って立体感を出してみようと思いますではまず新規のレイヤーもう一個作りますわかりやすいように これ「影」としておきましょうOK しますそうしたらブラシを選びますブラシツールですねそして描画色これ黒にしておきましょうそしたら非常にちょっとずつ塗っていくので不透明度10%にしておきましょうそしてサイズを今小さいので思い切って大きくしていきます500ちょっとぐらいこれぐらいでいいでしょうかではこの状態でこっちの部分塗ってみましょうマウスのクリックはずさずにまず一息で塗ってみるとこんな感じになりましたでは少しずらして今度少し外側に行ってもう1回塗ってみるとこっち行くほど濃くなってきますねまたちょっとずらして塗ってやるとこういうのを何回か繰り返すと良い感じに影が付いて立体的に見えたかと思うんですけど問題は盛大にはみ出してしまってますねもちろんただ単に塗ってしまうとこんな感じですね はみ出してしまいますこれうまく処理するには下がこのような形状になっています丸い形が独立した形状になっているのでこの影を下の画像でもってクリッピングしてあげると外にはみ出た部分が見えなくなって丸の中だけに影ができますでは影のレイヤーを右クリックして「クリッピングマスクを作成」これを実行するとこの内側だけが見えるようになりましたではこれ影だけではまだ立体感足りないので今度はハイライト 明るい部分ですねそれ作ってみましょうではまた新規のレイヤーを作って今度は「ハイライト」としてみましょうそしたら今度は明るい部分なので描画色 白ですそして「直径」もう少し小さくしておきましょうこんなもんでしょうか「不透明度」もちょっとだけ上げましょう20%ぐらいとかですねそしたら影がこっち向きなのでこっちの反対のほうに光源が映り込んでる感じですねこれを1回クリックしてみるとこんな感じになりましたもうこれだけでも結構立体感でてきますよねではまた少し広げてみてもうちょい外に広がるまでやってみましょうなかなか良いですよねでは今度はもっと光源がはっきり映ってる感じ出すために小さくしてそしてこの一番集中する辺りを塗ってあげるとより強く反射してる感じがでてきましたこんな感じに影とハイライトを書き足してやっただけでかなり立体感が出てきたと思いますそしたら仕上げ下に影があるように作ってみましょう地面の部分を表してみますそしたら今度は背景の一個上にまたレイヤーを作って「床の影」とでもしておきましょうかまた描画色は黒にしてブラシをちょっと大きくしてやろうと思うのですが今度まん丸の形だとあんまり影の感じがでないですね影が移り込んでると形が変わってるはずなのでそういった時は大きさも設定したうえでブラシの設定の方をだしてきてブラシ先端のシェイプですねここでブラシの「真円率」というやつこれをぐっとドラッグで押しつぶせるので押しつぶしてやるとこんな感じに楕円形になってきますではこんな感じに楕円形にしてやってこの設定でこんなもんでしょうか一回クリックしてみると影ができましたねもう何回かクリックしてみるとこんな感じで影を描くことができましたここまでを一回全部オフにしてみるとただの平面の丸だったものが球自体の影が付いてハイライトが付いてそして床に影が落ちてもうかなリ簡単な処理しかしてないですけどかなり立体感のある画像になったかと思いますこうした単純な形状以外にイラストなんかでもこうして手軽に影付けてあげるだけまたはハイライトを付けてあげるだけで立体感が大きく増してきます是非とも様々な画像に適用してみて下さい

一歩進んだPhotoshop合成テクニック

Photoshopで合成・コラージュの作業を行うさい、マスクによる切り抜き方や光や影の処理具合によって仕上がりに大きな差が生まれます。このコースではさまざまなマスク作成のテクニックやブラシによる立体感の作り方、3Dオブジェクトを使った影の作成や色調補正を使った太陽光線の作成、蒸気やかすみを使った表現などについて学ぶことができます。

2時間20分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2016年04月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。