一歩進んだPhotoshop合成テクニック

ボールに影を追加する

全424コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
描画された影の位置を調整してボールが浮いているように加工し、さらに影の状態を適切な形に調整します。
講師:
05:41

字幕

このレッスンでは影の調整によってボールが床に置かれてるような形に加工します今このサンプル画像ですけどボールが浮いてるように見えますねそれはなんで浮いてるように見えるかというとこの影の存在ですレイヤーの中の「床の影」というのがあるんですけどこれを消してしまうと浮いてない 切り取られて合成されてるような感じになっちゃいますねそこにこの影が加わるだけで浮いた感じになるここに距離があって浮いているという形で我々の感覚が認識するんですねこれが面白いもので例えばこの床の影のレイヤーを選択して移動ツールこれを選びますそうするとこの影の位置を自由に変えることが出来るので例えばこれをこんな感じにボールの下の所に被るように持ってくると床に置かれてるような感じがでてきますただ浮いてる時には違和感なかったんですけどこれ置いたようにしてみるとちょっと物足りなさというか違和感を感じるかもしれませんそれ何かというと影が薄すぎるんです浮いてる時にはさっきぐらいのふわっとした感じの影でよかったんですけどこれでは床に置かれてるのにそれに対応する影になってないという所で違和感がでてきますじゃこれを実際に床に置かれてるように見えるように影を調整してみましょうまず第一段階なんですけどこのボール自体も床に置かれてたらここの下の部分もっと暗くなるはずなんです今 割と明るいままになってますではこのボールの影これ追加しましょうでは今この「影」というレイヤーでボールの影が作られていますこの影のレイヤーはこの円にクリッピングされていてはみ出ないようになっていますでは追加の影ここに書き加えてもいいですけどこれを壊さないままで作業したいのでまた新しくレイヤーを一枚作りますでは「ボール影追加」とでもしておきましょうこれで新しくレイヤーを作ってこれも続けてまた右クリックして「クリッピングマスクを作成」として下にクリッピングしておきますではこの状態でブラシですねこれを持って描画色 黒にしておきますそしたら「不透明度」ちょっと薄め5%ぐらいでやりましょうそしてブラシですけどこれはこの形を「真円率」を調整してあえて潰した形にしてありますではこの状態でこの下の所微妙に濃くなるように加えてやりますそしてこっちの続きの方も多少でるようにしてやるとこんな感じでしょうかちょっとした所なんですけどこうした加工を行うことでない時よりも床に置かれてる感じがでてきました下をもうちょい濃くするとこんな感じですねではこの下の影ももう少し濃くしたいのでまた新しくレイヤーを作って「影追加」としておきましょうではこっちはこの楕円形を生かしてこの楕円形をですねもう少し大きくしてやってそしたら今度 影と重なる形で加えてやると濃くなってきますねではもう少し大きさを絞ってやって更にこの辺ですね塗ってやるとどんどん濃くなってきますもうちょっと絞って仕上げにこんな感じにしてやるとない時と大違いになりますねボールが床に接しているように見えるようになりましたこのように同じ影を付けるのでも浮いている時を表現するのであれば割と薄い影ですね影もこんな感じだったんですけどこの位置が 影の位置が床に置かれているような感じになっている時にはそれに見合って影の濃さが変わっているといった形になりますこういったもの現実の物体なんかもよく観察すると影のでき方が違うなというのをいろいろと情報を得ることができますこうした作成した画像にリアリティを加えるために是非とも試してみて下さい

一歩進んだPhotoshop合成テクニック

Photoshopで合成・コラージュの作業を行うさい、マスクによる切り抜き方や光や影の処理具合によって仕上がりに大きな差が生まれます。このコースではさまざまなマスク作成のテクニックやブラシによる立体感の作り方、3Dオブジェクトを使った影の作成や色調補正を使った太陽光線の作成、蒸気やかすみを使った表現などについて学ぶことができます。

2時間20分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2016年04月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。