2017年7月26日に弊社のプライバシーポリシーが改定されました。引き続きLynda.jp日本版をご利用になることによりこれらの文書に同意されたものとみなされますので、事前にご確認ください。

一歩進んだPhotoshop合成テクニック

3Dオブジェクトで影を作成

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
影を作成したい対象に近い形の3DオブジェクトをPhotoshop上に読み込み、3Dレイヤーで物理的に正確な影を作る手順を解説します。
講師:
09:42

字幕

このレッスンでは 3D のモデルを使った影の作成について解説します今 このサンプルファイルの方には背景にこの車の切り抜きとそして 太陽が合成されていますここに影を作りたい時ですね例えば 車のレイヤーの形を利用して作るという方法もあるんですがそれは あくまで見た目的になんとなく影っぽく作っているだけで本当に この形状に光が当たって出来た影とはどうしても形が違ってしまうんですねでは なるべく この形から本当に光が当たって出来たものに近いものを作るにはどうしたら良いかというところなんですが1つの方法としてPhotoshop の 3D 機能を使う―という手がありますPhotoshop の 3D 機能は3D のオブジェクトつまり 形状ですねそれを読み込んでレイヤーとして扱うことができますでは この車に近い このオブジェクトを読み込みたいところですけどじゃあ どこから入手すれば良いかというところなんですが1つの方法としてWeb サービスを利用するというのがありますでは ちょっとブラウザに切り替えますブラウザに切り替えましたこちらの今 表示しているサイトはarchive3d.net というWeb サイトになりますここは もう 見た感じいろんな家具であったり道具であったりが出ていますけど様々な こうした 3D のモデルが配布されているサイトですでは ここから 車のモデルをちょっとダウンロードしてみますでは カテゴリーで変えていくとこの様に 様々な―これは車のカテゴリですけど―モデルが表示されてきますいろんなものを探していくと中には これなんかをちょっと拡大して見るとはい さっきのですねPhotoshop に一回戻ると使われていたこの車とほぼ同型の車ですねそれの 3D モデルがありましたこうしたものが上手いこと見つかったらダウンロードしますこの様に条件などが表示されるのでOK, download としてダウンロードが終わるとダウンロードしたものの中にはこの様なファイルが入っていますこの中の この 3DS という拡張したファイルこれは 3D のモデルのファイルになっていますこれは Photoshop で直に読み込める形式なのでこうしたものを適応したい書類にドラッグ&ドロップしてあげるとこの様な読み込みのダイアログが出てくるのでこの様に どれくらいの大きさで配置するとか出てくるんですけれどもとりあえず そのままいってみましょうOK するとはい 3D を使うので3D のワークスペースに切り替えますここで「はい」にしますそうすると こんな所に車の形状がですね 配置されています3D も1個のレイヤーとして扱われているのでこれですね例えば 車の前に持って来るとちゃんと見えるようになりますねそうして この 3D というパネルですねここで様々な操作が行えます例えば このこちら側の左端のアイコンこれをクリックするとこの 3D のオブジェクトの中身ですねこれを見ることができますでは これに合わせている状態でまず この角度をちょっと合わせようと思います3D モードになっているとこの辺にですねこんなアイコンが並んでいるんですがこれは物体の向きであったり 角度なんかを変更していくツールのアイコンですまずは これを選びましょう「3D カメラの回り込み」というヤツですねこれを使ってドラッグしてみるとこの様に物体をグルグルと回すことができます一緒に このグリッドで地面も出ていますなので 地面の角度も合わせることになります一回 大体 概ね似たような角度に持ってきたら今度は これを重なる所に持っていきたいですよねそうした時には この四方の十字のですね「3D カメラをパン」というものに切り替えるとこの様に平行に移動することができますそして この隣の「3D カメラをZ 軸を中心に回転」というものはこの様な感じで角度を微調整できますこれらをいろいろ切り替えながら大体 同じ位置で同じくらいの―角度になるように合わせていきますこれは 3D なので奥行きというのがあります今 これ小さいのは ちょっと奥行きが向こうの方に 奥の方にあるんですねその時には もう1個のツールこれです「3D カメラをスライド」というヤツをやると手前にドラッグするとどんどん大きくなってきます上にドラッグすると遠ざかっていくので小さくなりますこの様に調節することができますじゃ これで 大体―重なるくらいの所に持ってきましょう完全に一致というのは難しいと思うんですけど概ね一致する所までは持ってこれますはい そうしたらですね大体 合ったかなという所になったらまた「レイヤー」に切り替えて今度は この元からある二次元のレイヤーの方を前にしてみましょうそうすると こんな感じでこれ 影がですね 出来ていますこの影は 3D のモデルに付いている影ですけどこの様に付いているのででは また 3D のレイヤーを選んでそして 3D のものですねここのアイコンにして下さいこれが「フィルター : ライト」という所ですねここにしてあげるとこんな形の物が出てきますこれをドラッグしてあげるとこの様に 影の位置が変わってきますねこれは光の方向を表していますでは これを操作してこの車に当たっている光の方向それを反映させたような方向にしてやりますはい そうするとですねこの様に まるでこの車から影が落ちている様に見えていますただ1個 問題として影は良いんですけどこちらの方を見るとこっちの車がちょっと3D の車がですねはみ出しちゃっていますただ これを見えなくすると影も一緒に無くなってしまいますねこの余計な部分だけ削りたいんですけどそうした時はですねPhotoshop の技をそのまま使いますこの 3D のレイヤーに対してレイヤーマスクを作成しますそして レイヤーマスクの上このはみ出している部分をブラシの黒で塗ってやりますこれはもう 通常のPhotoshop 作業ですねそうすると この様に普通に消すことができますはい これで邪魔な部分がなくなったのでこの車に当たった光が影を作っている様に ちゃんと見えますねこの方法の良いところはちゃんと後から 影の方向というのを3D のこっちに来れば調整できるんですねしかも ちゃんとほぼ同じ形の車から落ちている影なのでこれは物理的にも正しい影ということができます例えば 車の様に全く同じ形のものが3D モデルで入手しやすいといったものでしたらこうした方法で影を作ってやることもできますこうした場合もですねこの下の部分の濃さなんかですねそういったところをちょっと書き加えてやるとリアリティが出てくるので例えば 新しいレイヤーを1枚作成してその上に ブラシを使ってブラシをかなり薄めにしてあげてそして この―より影が濃くなる所を塗り足してやるとちょっとですねこれは物理的なリアルさというよりも人間が感じるリアルさですねそれを ちょっと強調してやることもできますこの様にですね3D のオブジェクトを使った方法便利に使えるので是非とも試してみて下さい

一歩進んだPhotoshop合成テクニック

Photoshopで合成・コラージュの作業を行うさい、マスクによる切り抜き方や光や影の処理具合によって仕上がりに大きな差が生まれます。このコースではさまざまなマスク作成のテクニックやブラシによる立体感の作り方、3Dオブジェクトを使った影の作成や色調補正を使った太陽光線の作成、蒸気やかすみを使った表現などについて学ぶことができます。

2時間20分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2016年04月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。