2017年7月26日に弊社のプライバシーポリシーが改定されました。引き続きLynda.jp日本版をご利用になることによりこれらの文書に同意されたものとみなされますので、事前にご確認ください。

一歩進んだPhotoshop合成テクニック

オブジェクトに影をペイント

LinkedInラーニングの無料トライアルを今すぐ試そう

無料で視聴する すべての加入プランを見る
色調補正のレベル補正に対してレイヤーマスクを設定し、部分的に効果が出るようにペイントすることでオブジェクトに立体感を持たせる処理を解説します。
講師:
09:34

字幕

このレッスンでは調整レイヤーを応用してオブジェクトに影をペイントする―手順について解説しますそれでは現在このサンプルのファイルなんですが一番上のレイヤーですね今見えている状態これ実は完成例ですヘリコプターが農作業をしている かなりリアリティのあるイラストになっていますこれなんですが完成形を見るとこんな感じになっているんですけど実は作業途中の模様 見てみると大分違うんですねでは一番上のレイヤーこれを目玉クリックして消してみましょう今見えてるのが まだ完成前の様子ですね見てみると全体的にいろんな所あるんですけど一番大きな点としてヘリコプターの影が全然違いますよね見てみるとここに光源がありますこちらから光が当たってるので完成形を見るとかなり光があたってる所は明るくそしてそこから角度が付いてる所は暗くメリハリがはっきりしてますなので立体感があります元素材は影がメリハリがついてないので立体感に乏しいですねではこれを影を書き加えてもう少し立体感を強調するという手順をやってみましょうこの下ですけど このヘリコプターも切り抜かれている素材ですねプリペラはプロペラでまた別と背景も別とこのような状態になってますではこのヘリコプターの本体ここに対して影をペイントしますですがここに直にペイントしてしまうのではなくて今回この「色調補正」の中にある調整レイヤー それを活用しますではまず最初にこのヘリコプターの本体の一個上に「レベル補正」の「色調補正」調整レイヤーですねこれを作成しますそしてこの部分ですねこれをドラッグすると明るくなったり暗くなったりしますこれガンマカーブですねこれで暗くなるような感じに持っていきますこれぐらいにしましょうこれは調整レイヤーなのでいつでもあとから戻せます今これ全体に効いてしまっているのでこれを「クリッピングマスクを作成」にしてこのヘリコプターにだけ効くようにしてありますここだけ暗くなってますこれだと全体が暗いのでこのレイヤーマスクこれを選んでる状態で「属性」のパネル個々の上に「反転」があるので「反転」をクリックするとレイヤーマスクが反転して全く今効果がない状態になってますではここに対してレイヤーマスクに対してブラシを使って描画色 白で塗っていくとその部分が影になってきますそうやって立体感を作っていこうと思いますではまずズームしてブラシを選んで 描画色 白ですねそして「不透明度」薄めにしておきましょう30とかにしておきますではまずこっちから光が当たってるのでもうこの辺フロントの部分とか完全に影になってないとおかしいですねではこういう所を塗っていくと塗った所がこんな感じに暗くなっていきますしかも今クリッピングしてあるのではみ出しても背景とかに影響しないですね大変作業しやすいですスピーディーに塗って行ってもはみ出さずに作業することができますそしてこっちの光が当たる所は塗らないでこっちだけ塗ってやるとこれだけでかなりの立体感でてきますではこれ特に暗い所はしっかりと出してもう少し光があたりそうな所ここはちょっと薄く塗っておくなんていう違いも出せます完全に暗くしてしまわずに若干暗くなる程度にしておくそれだけでもかなり立体感違いますねこのフロントのこういった部分も塗ってやってここはピットの中ももっと暗くしましょうこちらの突き出ているポールの部分とかですねこういった所も塗ってやりますこうしてやるとこの時点ではこの部分こっちの下の方はこんなに暗いのにこれだけ明るかったですけど同じくらい暗くなりましたねだいぶメリハリが付いてきましたではこの辺も仕上げつつちょっと上のほうですねこの辺ももう少し暗くしてやってここも角度が付いてるのでもっと暗いはずですねコックピットの中も含めてこっちの面はもっとぐっと光を落としましょうそしてこの上の丸い部分ここなんかは徐々にこっちに行くにしたがって光があたっていくはずなので極端にしてしまわずに徐々にこの辺はもうかなり暗くして少しグラデーションがかっているような感じにすることでこの形の丸みを生かすこともできますそして翼の影ももう少しできるはずなのでこの辺も膨らましてやりますこの辺はもう影になったのでいいですねそしたら次にこの垂直の尾翼ここの部分もやってやりたいのですけど実はここ 手前のこの翼遠くには距離がありますなのでここを塗ってはみ出してしまうとちょっと嫌だなという所がありますこういった場合には例えばここがほとんど直線なのでこういったケースでしたら多角形選択ツールとかでこの辺は適当でいいです翼の所まで伸ばしてきてこの距離ができる所ここがまっすぐになるようにしてやって後はラフでいいので選択範囲を作ってやりますこうすると この状態でぺイントするとちょっとブラシも小さくしましょう例えばこうはみ出してしまった塗っていて はみ出してしまったという時でも この選択範囲の外は塗られないですね選択範囲の中だけが塗られるのでこのよういはみ出して今ブラシを動かしているんですけど選択範囲の外れている手前の翼にはペイントが適用されていませんこんな感じにすることで選択範囲解除しますMac の方は CommandWindows の方は Ctrl を押しながらD を押しますそうすると解除されて大分 立体感がもう全然違うレベルでできましたこのようにして影を作っていきます全体を通してみてみましょう最初はこんな感じでした角度なんかは合ってるんですけどやはりぽんとそこに置いたような感じですねあまり馴染んでないんですけどこの光に応じた影がつくだけでこのように一気に立体感がでてきますしかもこの影は色調補正の調整レイヤーで作ってあるので値を変えてやることで影を更に濃くしたりもっと薄くしたりと逆に明るくしたりもこのように柔軟に調整することができますこれができるので普通にこの黒でペイントしてしまうよりももっといいんですね色調補正を使った理由はそこにありますこうした立体感を出すのに様々な場面で使える手法なので是非とも覚えておいて下さい

一歩進んだPhotoshop合成テクニック

Photoshopで合成・コラージュの作業を行うさい、マスクによる切り抜き方や光や影の処理具合によって仕上がりに大きな差が生まれます。このコースではさまざまなマスク作成のテクニックやブラシによる立体感の作り方、3Dオブジェクトを使った影の作成や色調補正を使った太陽光線の作成、蒸気やかすみを使った表現などについて学ぶことができます。

2時間20分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
プラン加入者限定
発売日:2016年04月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。