一歩進んだPhotoshop合成テクニック

蒸気を表現する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
合成で作成した蒸気機関車の画像に、ブラシを使って新しく蒸気を書き込み、さらにそれが遠方のもやと重なるような雰囲気を表現します。
講師:
09:44

字幕

このレッスンではブラシを使って 蒸気を表現するための方法について解説します このサンプル画像では蒸気機関車が 走っているところが表現されていますが 今 この状態だと ただ単に 機体が貼り付けられただけなので 何か止まっているみたいに見えますね やはり蒸気機関車なので もくもくと蒸気を噴き出していないと 躍動感が出ません ということで ブラシで描いてみようと思います では まず蒸気を描く為に 新しくレイヤーを作りましょう 「新規のレイヤー」を作ったので ここにブラシで蒸気を足していこうと思います ブラシを使う時なんですけど 一番ノーマルな丸のブラシですね これで蒸気っぽく描けない事もないんですが やっぱり少しソフトすぎてしまって あまり雰囲気が出ないかな というのが正直なところです なので この蒸気の雰囲気にぴったり合った ブラシの先端を探しましょう では「ブラシプリセット」にいきます 今回 使用するのは 一番 初期設定のブラシのセットです その中から使ってみようと思います ブラシが状態が変わっている方は この「メニュー」から「初期設定に戻す」 というのを実行して 「初期設定のブラシで置き換え」 とやってください そうすると この同じ内容のセットが 開いてくるはずです そうしたら この中から蒸気っぽいものを 選ぼうと思うのですが この 45 と書いてあるこのプリセット 見たところ蒸気っぽいような質感に見えます これを選んでみましょう そうしたら「ブラシ」で 「描画色」は「白」ですね 45 はかなり小さいのでサイズを上げます もう少しですね 大体 500 近くまで 持っていってもいいと思います では これで試しに 描いてみるとどうなるかというと ざっとこんな感じになってしまいます 何か全然 蒸気っぽくないですね ただのべた塗りになってしまいます 実は元々のテクスチャーは 蒸気っぽいんです 1回クリックしてみるとこんな感じで 良さそうですね 良さそうなんですけど蒸気に見えない 繋がってしまう そこで設定を変えて少し蒸気に見えるように 変えてみようと思います では ブラシの設定です まずはブラシ先端のシェイプ この部分で変えていきます 今 これが結果のシュミレーションですが 確かに繋がっています まず これを蒸気のように もわっとした感じにするには 密度が濃すぎるので この感覚をどんどん緩くしてあげます 今 かなりの密度が入っていたので 例えばこれぐらいですね 1個1個の塊が少し緩く並んでいると これぐらいの密度にしてあげます そしたら次は「シェイプ」ですね 今1個1個のテクスチャーが 同じような大きさなので 「サイズのジッター」 これを少し大きめにしてあげます そうすると大分ばらつきが出て 一気に蒸気っぽさが濃くなってきました これと合わせて間隔も ちょっと調整しましょう 大分 雰囲気が変わりました そしたら今度は「角度のジッター」 これを少し大きくします すると よりランダムな雰囲気になってきて 大分いい感じになってきました では この状態でもう1回 同じように塗ってみると かなり蒸気っぽい雰囲気に なったのではないかと思います では今 このまま塗ると さすがに濃すぎるので 「不透明度」 これを30%ぐらいにしておきましょう そうすると かなり薄い感じになってきたので これを重ねていくことで 蒸気っぽさが出てくるかなと思います では この辺の機関部から見ていきましょう 少しズームします そしたら まずはブラシサイズが大きすぎるので このぐらい 150 ぐらい  こんな感じに小さいのにしてみましょう そしたら このパイプの間から 少し漏れ出ているように この辺に シュッと出ているような感じで 濃く作ってやります 少しこの中心部から離れるほど 密度を下げてやると だいぶ蒸気が出ました そしたらこちらの方からも プシューと出てくる所 ノズルの所です この辺も もちろん濃くしてあげて この様に吹き出している 雰囲気を出してあげます さあ これだけでも あるとなしでは大違いです ただ単にそこに置いてあるだけだった機関車が 一気に動いているという感じが出てきました では こちらの上のほうの こうした機関部からも 少し煙が出ている 湯気が出ているような 雰囲気を作ってみましょう これで大分 雰囲気出てきました そしたら この直接 機体から出ているのは描けてきたのですが これがずっと走ってきたように見えるには この線路の軌道に ずっと放置されたものが溜まっていると より動いている感じが出てきます では不透明度を更に下げて 10%にしましょう サイズは少し大きく 300 ぐらいにして この状態で非常に薄いですけど 線路の軌道に沿って 向こうの奥の方に行くような感じで この辺から出たものが薄く溜まっている感じにして 後ろのほうは 多少 靄がかかる様な感じですね それで これがずっと 繋がっているように描きます 少し小さくして 牛のお尻のあたり ここで途切れるので この辺りまで描いてやります そうすると こんな感じになりました ここから蒸気が出てきて それがずっと後ろの方までいっているので かなり遠近感を強調する役割も出てきました 「オン」を押してみると 何もない時はこんなだったんですね 本当にポンと 影なんかはリアルに作ってあるんですけど なかなかそれだけではリアリティが出ない 本当に置いてあるだけになってしまうので そこにブラシを使って蒸気を描くことで こんなに立体感のある画像になりました このポイントなんですけど まずブラシですね 使えそうな感じのブラシのパターンを 見つけたら そのまま使って イメージが違う時は密度を変えてみたり 更にばらつきを作ってやる それをしてやると この様に蒸気のように曖昧なものも 非常にリアルに表現できます そして更にこうしたシチュエーションの場合には 遠近感を作り 今 出ているような蒸気のような 物質の性質を考えて だんだん出ている所や ずっと溜まっている所 また それが奥に行くに従って 靄と繋がるような感じにして それが遠近感の雰囲気にもなっている そんな使い方ができます こんな感じで かなり応用のきくテクニックですので 是非とも使ってみてください

一歩進んだPhotoshop合成テクニック

Photoshopで合成・コラージュの作業を行うさい、マスクによる切り抜き方や光や影の処理具合によって仕上がりに大きな差が生まれます。このコースではさまざまなマスク作成のテクニックやブラシによる立体感の作り方、3Dオブジェクトを使った影の作成や色調補正を使った太陽光線の作成、蒸気やかすみを使った表現などについて学ぶことができます。

2時間20分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。