一歩進んだPhotoshop合成テクニック

太陽光線のビームを描く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ビルの合間からのぞく太陽の写真に、マスクを利用して光線のビームを描いて、より印象的な写真へと加工する手順を解説します。
講師:
10:36

字幕

このレッスンでは太陽からの 真っ直ぐなビームを描画します ではサンプルファイルです 今こんな状態です ビルの隙間から太陽がちょっとだけ 見えています 今それほど印象が強くないですが この太陽からうっすら 伸びている真っ直ぐなビームが 放射状に延びていたら かなり印象的な写真になります そんな様子を Photoshop を使って 再現してみようと思います いろんなやり方が考えられます 直線を描いていくという方法も あると思いますが 今回はこの元の 画像が持っているものを うまく生かしながら作業してみたいと思います まず第一段階ですが選択範囲を作ります どうやって作るかというと 多角形選択ツール この部分から放射状にビームが 伸びているという様子を 選択範囲として作ります ではこの中央の丸よりちょっと外側 を一回クリックすると このように線が伸びるので画面の外まで 伸ばしてクリックすると ポイントできます ちょっと離してクリックして こうやって戻すのですが その時に放射状になるように 作ってください これを繰り返します 2個目です ちょっと感覚を空けて 同じようにして すぼまっていくような感じです 3つ目です 奥まで伸ばして 広げて こんな感じです これをひたすら繰り返してしきます 形は末広がりの形になっていれば それほど極端に気を使う必要はないので 中心部が膨らみすぎてしまわないように それだけ気を付けましょう このように適度に感覚を取りながら 放射状のビームを描いていきます こちらも角が切れてしまわないように 気を付けてください これで最後になります 作ったら一番最初の視点の部分に ポインタを持ってくると丸が描かれるので ここでクリックすると 放射状の選択範囲ができました そしたらその状態でこちらの 「色調補正」から調整レイヤーを作ります トーンカーブにしましょう トーンカーブをクリックすると 選択範囲が消えましたが これが さっきの選択範囲の形でマスクができています その状態でトーンカーブができました この状態でトーンカーブのカーブを動かすと はい どうでしょう  このように上方向に弓なりにすると その部分だけ明るくなって 光が差し込んでいるような感じになりました これだとちょっと硬すぎるので このレイヤーマスクの部分を選んで ぼかしを適応します あまりぼかしすぎると ソフトになりすぎるので 適度にシャープさが 残っているくらいですね ぼかしをこんな感じで適応して もう少し弱くてもいいですかね 若干ソフトになるくらい こんな感じに適応すると さらに光ぽさがでてきました そしたらまだこのビームが荒いですね そしたらこれをちょっと複雑な感じに 加工してみましょう ズームを引いて この調整レイヤーを 右クリックして複製します レイヤーを複製 すると 同じものがもう一個できます これを編集の「自由変形」を適応して 角のほうに持ってきて ポインタが こんな形の時にドラッグすると 回転させることができます こんな風に回転させてみましょう するとビームがかなり複雑な形になります 途中で途切れているところもあるので 途切れているところが出ないように ドラッグして拡大します するとビームが複雑になりました これで確定します これをもう一個作りましょう もう一個複製して また同じです 編集の自由変形 これで中心がずれると ちょっと違うので 中心がずれないように 気を付けましょう こちらの中心部分を揃えます こんな雰囲気になりました ではこれではあまりに不自然すぎますね この道路のほうにこんなに要らないので これをマスクで調整します 一個レイヤーを選択したら Shift キーを 押しながら反対側をクリックして 全部まとめて選びます そして右クリックして レイヤーからのグループを実行すると これでぜんぶまとめて グループにすることができます グループを選んでいる状態で レイヤーマスクを追加すると グループに対してレイヤー マスクを作ることができます ではブラシを持って先端は丸いソフトにして 描画色は黒です サイズをそこそこ大きなサイズにして これを使ってマスクしていくと 外側から塗ってみましょう 不透明度は 100 % にしておきましょう 余分な部分の大げさすぎる光線を 消していくことができます この辺りがこんなに濃くなっていると変なので 適度に薄くしていきます こんな感じに適度に明るい ところだけビームが残って かなり自然になりました 端っこの方は多少不自然でしたが そういうところは使わないので 真ん中だけ強調すると これだけでもかなり明るくなります では仕上げとしてこのビームの後ろに もう一個レイヤーを作ります ブラシを使って描画色は白ですね 直径をちょっと落として この太陽の周りがぼやっと 明るくなるように不透明度 50 % くらいでクリックすると こんな感じで明るさが強調できました この辺りは不透明度を変えてやると もちろん明るさは変わっていくので 最適なところに合わせてください こんな感じで太陽が見えているのに 地味だったこの画像ですが まずはビームです しかもこれは全て 調整レイヤーでできているので 後から明るさを変えることも容易です これ自体の不透明度を変えても結構です このように調整できます さらに仕上げで 太陽の中心を ちょっと明るくしてやると一気に印象的な 光の画像になりました 太陽を表現するのに光の光線を描くのは かなり便利な手法なので ぜひとも試してみてください

一歩進んだPhotoshop合成テクニック

Photoshopで合成・コラージュの作業を行うさい、マスクによる切り抜き方や光や影の処理具合によって仕上がりに大きな差が生まれます。このコースではさまざまなマスク作成のテクニックやブラシによる立体感の作り方、3Dオブジェクトを使った影の作成や色調補正を使った太陽光線の作成、蒸気やかすみを使った表現などについて学ぶことができます。

2時間20分 (19 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年04月28日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。