AfterEffectsで作るマンガ的表現

このコースについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このコースで学習できる内容の概要を、各レッスンの映像ダイジェストを交えながら簡単に解説します。
講師:
01:24

字幕

このレッスンではコースの概要について 解説します。 皆さんの中でも、アニメーションや漫画を よくご覧になる 大好きだ、という方は 多いかと思います。 アニメーションや漫画は映像表現 ビジュアル表現の宝庫と言っても良い程 様々な手法が使われています。 漫画はもちろん動きもないですし また、音もないです。 動きも音もない所で 物語を展開させる。 そういった制限の中で表現を行うため 様々な手法が開発されています。 そしてそれは、もちろん音とか 動きを付けることができる 動画の中でも非常に応用して 生かすことのできるテクニックが 多数存在します。 また、アニメーションも実写の映像とは 一味違った動きの表現や 様々なテクニックが存在します。 AfterEffects の中で そういったエッセンスを取り入れると 例えば実写の映像や文字のアニメーション といった、ちょっとした所にも 非常に幅広い表現を 取り入れることができます。 このコースでは、漫画やアニメで 一般的によく使われる 表現手法を AfterEffects の 中に落とし込んで それをなるべく応用しやすい シンプルな形でご紹介していきます。 是非とも自分の作品の中にも 応用してみて下さい。

AfterEffectsで作るマンガ的表現

日本のマンガやアニメにはフキダシや擬音など独特の表現が数多く存在し、これらをAfter Effectsで作品に取り入れると非常にバラエティ感にあふれる作品が作れます。このコースではフキダシなどを使った言葉の表現やさまざまな擬音を文字アニメーションで表現する方法、デフォルメされた動きや状態の見せ方などを学ぶことができます。

3時間09分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年05月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。