AfterEffectsで作るマンガ的表現

デフォルメについて

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
マンガ、アニメの表現で重要となる「デフォルメ」という手法について、画像の例を交えながら解説します。
講師:
02:03

字幕

このレッスンでは デフォルメについて解説します。 漫画やアニメーションの表現の中では デフォルメというのが大事になってきます。 デフォルメとは何か 一言で言うと その対象の特徴をよくとらえて そこを、より誇張して表す それがデフォルメとなります。 実際に映像の例で見てみましょう。 まず最初に、これを見て下さい。 ライオンの写真がありますね。 これが現実のライオンです。 では次に こちらは絵ですけど どちらかと言えば、リアルなイラストです。 もちろん絵になっているので 実写からは多少、変化はしているのですが なるべく実写の感覚に近いように 変えたイラストです。 そして同じイラストでも こちらはデフォルメしたイラストです。 大分違いますね。 もちろんこんなライオンは 現実にいないわけですが それでも、特徴ですね。 たてがみであるとか 幾つかの特徴をしっかりとらえて、一目で ライオンだとわかるようになっています。 アニメや漫画の表現においては こうした現実のものを いかにうまくデフォルメして、誇張してやるか それがポイントとなってきます。 元々はデフォルメしたものというのは 0から書いた絵じゃないと なかなか表現できなかったのですが AfterEffects の強力な機能を使えば 例えば実写映像に デフォルメを施すことも かなりのレベルで可能になってきます。 そうすると、実写・アニメーション問わず 様々な映像に 非常に大きなインパクトを 与えることができます。 このコースを学んでいくにあたって それぞれどんな要素を どんなふうにデフォルメしていくか それを感じてもらうと同時に 皆さんも普段から様々な物事を デフォルメしたら、どんな感じになるか 考えて頂くと、よりオリジナルな表現も 広がっていくかと思います。 是非とも試してみて下さい。

AfterEffectsで作るマンガ的表現

日本のマンガやアニメにはフキダシや擬音など独特の表現が数多く存在し、これらをAfter Effectsで作品に取り入れると非常にバラエティ感にあふれる作品が作れます。このコースではフキダシなどを使った言葉の表現やさまざまな擬音を文字アニメーションで表現する方法、デフォルメされた動きや状態の見せ方などを学ぶことができます。

3時間09分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年05月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。