AfterEffectsで作るマンガ的表現

「心の声」のフキダシを作る

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
実際には音声になっていない「心の声」を表現するためのフキダシを、シェイプとエフェクトの組み合わせで作成します。
講師:
05:06

字幕

このレッスンでは、心の声を表現する 吹き出しの作り方を解説します。 実際に声に出してしゃべっているのではなく 心の中で思っていることを 表す吹き出しですね。 まず、こんなのがあります。 これはノーマルな雲形の吹き出しが 基本にあって、そこに三角形でなく 丸で人物から引き出されてきます。 これは作るのが非常に簡単で 全体的にノーマルの吹き出しと同じですが シェイプレイヤーが選ばれている状態で 楕円形ツールを使って メインの雲と重ならないところに 円を描いてやれば このように三角の代わりに円の連続で 引き出してくると それを表現することができます。 まず簡単な例1つあります。 そしてもう1つ、もう少し例えば サスペンス的な表現だったり また強く思っている表現ですね。 それにはこのような放射線を 使ったようなのですね これもよく使われます。 実は、これもシェイプが基本になっていて エフェクトが1つかかっています。 After Effects の この2つの機能を組み合わせると こうした複雑なものも簡単に作れます。 では実際やってみましょう。 では、目玉をクリックしてこれを見えなくして 新たに「新規」> 「シェイプレイヤー」を作ります。 「追加」>「楕円形」 これを追加します。 楕円形のサイズを調整して この段階で、「塗り」ですね。 塗りは白にしておきましょう。 そしてもう1つ、「線」も追加します。 線は色を黒にします。 ここからコツになってきます。 線の幅、今は普通の周囲の線ですが これを思い切って広くします。 極太の線にします。 この線の太さが最終的に 放射状になったときに ここ部分の長さになります。 それを意識して 思いっきり太めに線を作っておきます。 線の詳細のところを見ていくと 一番下に「破線」というのがあります。 ではこの破線ですね、最初は何も 入っていないんですが プラスを1回クリックすると こんな感じで破線になりました。 こんな形でシェイプの線は 破線を追加すると 間が欠けている破線にすることができます。 そしたら線分の値ですね。 これを調整すると 太くなったり、細くなったりします。 これを適度にくっつかない程度に 放射した形にしてやります。 これだけでは、ただの 太い破線になってしまうので これをもっと放射状に加工してあげます。 では、エフェクトを使いましょう。 シェイプレイヤーを右クリックして 「エフェクト」>「ブラー&シャープ」> 「 CC Radial Fast Blur 」 これを選びます。 そうすると こんな感じに放射状にブラーがかかります。 では Amount を増やしていくと やりすぎるとぼやけてしまうので 線がなくならない程度に 適度にぼかしをかけてやると 心の声を表現する 引き出しのような雰囲気になってきます。 例えば、破線の作り方をちょっと変えたり ここの部分、破線は1種類だけでなく もう1回プラスを押すと このように間隔を増やすこともできるので それを変えてやると また違った雰囲気になってきます。 かなり広く使えるテクニックなので 是非とも覚えておいてください。

AfterEffectsで作るマンガ的表現

日本のマンガやアニメにはフキダシや擬音など独特の表現が数多く存在し、これらをAfter Effectsで作品に取り入れると非常にバラエティ感にあふれる作品が作れます。このコースではフキダシなどを使った言葉の表現やさまざまな擬音を文字アニメーションで表現する方法、デフォルメされた動きや状態の見せ方などを学ぶことができます。

3時間09分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年05月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。