AfterEffectsで作るマンガ的表現

ワープ空間

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
タイムトラベルやワープ中のような不思議な質感のトンネルを作成する方法を解説します。
講師:
06:03

字幕

このレッスンではワープやタイムトラベルで 通る異空間のトンネルを作ってみましょう。 まず新規のコンポジションを作ります。 その時ですが、時間は 今回10秒にしておきましょう。 サイズですが「幅」は通常の HD と同じ 1920 なんですが 「高さ」を今回は 6000 に しておきます。 これで「OK 」すると こんな縦長のイレギュラーなサイズの コンポジションが作られます。 ここに平面を作成します。 「新規」>「平面」を作成すると コンポジションのサイズで作成されます。 ここに対して「エフェクト」> 「ノイズ&グレイン」>「フラクタルノイズ」 これを適用します。 これをベースにして 更に模様を作っていきます。 次に 「スタイライズ」> 「CC Kaleida」を適用すると このようなシームレスな パターンが作成されます。 サイズを 100 にしてやると このように 大きなサイズのものとなります。 「Mirroring」を今回 「Unfold」にしておきましょう。 するとこのようなパターンとなります。 これを更に動かして行きます。 「スタイライズ」>「モーションタイル」を かけてやります。 「タイルの中心」の縦を0にしておきます。 これで1番先頭の位置でキーフレームを入れて 10秒の所で 6000 縦のサイズと同じ値を入れてやると このようにスクロールしていきます。 これがトンネルの動きになります。 ここに色をつけましょう。 「カラー補正」>「コロラマ」を入れてやって 「出力サイクル」を選びます。 これの「深海」を選ぶと このような緑っぽい色となります。 これで基本のパターンができたので これをトンネルにしてみたいと思います。 更に「エフェクト」>「遠近」> 「CC Cylinder」を適用すると このように模様が円筒に変形されます。 Rotation で Rotation X を動かすと このように角度が変わるので これを -90 にしておきます。 するとトンネルを覗いたような アングルになりました。 再生すると さっきの模様の動きがこのように 立体的な動きのように見えています。 ここまできたら 「コンポジション」>「コンポジション設定」 これで「高さ」を 1080 に変更します。 そうすると通常の HD の 画面サイズになります。 切り取られますね。 そうすると画面全体をトンネルが 覆っているような状態になりました。 仕上げをしていきましょう。 ここに対して「新規」>「調整レイヤー」を 適用してあげます。 そして「エフェクト」>「スタイライズ」> 「グロー」をかけてやって 「しきい値」を下げます。 「グロー半径」をちょっと開いてやります。 しきい値と半径をお互い調整してやると このように光を放っているような 幻想的な空間になります。 これが有ると無しでは大分違うんですね。 奥の方が黒い穴になってしまっているので 「新規」>「平面」を作ります。 「エフェクト」>「描画」>「レンズフレア」 これを実行します。 「光源の位置」を 960 の 540 にしてやって 「レンズの種類」を 35mm にしてみましょう。 この段階で描画モードを 「スクリーン」にしてやると 中心部が光っていますね。 「フレアの明るさ」を増やしていくと このように丁度中心部が覆われる形になって 向こうがわからない、かなり幻想的な 雰囲気になります。 これで完成ですね。再生してみると いかにもアニメの1シーンでありそうな 光の中を、異空間の中を 進んでいくような アニメーションとなりました。 このような形で例えばパターンだとか 色を変えてやると 雰囲気が変わってきますね。 かなり様々な雰囲気に応用のできる手法なので 是非試してみてください。

AfterEffectsで作るマンガ的表現

日本のマンガやアニメにはフキダシや擬音など独特の表現が数多く存在し、これらをAfter Effectsで作品に取り入れると非常にバラエティ感にあふれる作品が作れます。このコースではフキダシなどを使った言葉の表現やさまざまな擬音を文字アニメーションで表現する方法、デフォルメされた動きや状態の見せ方などを学ぶことができます。

3時間09分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年05月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。