AfterEffectsで作るマンガ的表現

正体はアンドロイド!

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
肌の一部が破れ、そこから動作中の電子回路がのぞいているような、アンドロイド的な表現の作成方法を解説します。
講師:
07:34

字幕

このレッスンでは、 Android の肌からのぞく 回路の表現を解説します。 それでは今こちらに出ている 素材ですけれども、ベースとなる人間の顔に こんなものが被さっています。 これは何かというと 拡大してみると回路ですね。 こんなものが被っていると、 人間だと思っていたら実は よくできたアンドロイドだった というような表現を作ることができます。 こうした回路なんですけれども ただ単にぴたっと貼るだけでは ちょっと迫力不足なので この中をいかにも電気が走っているような そんな表現を作ってみようと思います。 では最初にこの回路のレイヤー ここにエフェクトをかけてみましょう。 「エフェクト」の「描画」から「べガス」 これをかけます。 すると回路の中のエッジの部分に、 今黄色にしていますけれども こんな感じで線が描かれました。 ではちょっと回路っぽくするために、 これを緑色にしましょう。 カラーを開けて R が 255 なのを 0 にすると、 グリーンだけになって緑になるので これは緑になると 結構回路っぽいですよね。 そしてこの線なんですけれども この「回転」という所を動かすと このように動きます。 では先頭でキーフレームをオンにして 10 秒目に移動したら 今度は回転に一回転を入れる。 そうするとこんな感じで 光が動いているような様子を 描くことができます。 これで「ランダムフェーズ」 というのをオンにすると 少し動きがバラバラになるので、 より複雑な回路のような感覚を 出すことができます。 では「幹の幅」というのをちょっと広げると こんな感じでより大きく光ったような 感じになります。 大体これを3にしておきましょう。 ではこれにもう1個表現を加えましょう。 ここからスパークしているような、 バチバチっとしたものを描きます。 新たに平面を作成します。 そうしたらそこに 「エフェクト」>「描画」> 「稲妻コード」を選びます。 はいそうすると こんな感じの雷が描画されます。 ではこれをこの回路の所に ぴったり合うように設定しましょう。 まずこの「原点」という所ですね、 これの座標の設定をクリックして 回路の上の辺りですね ここをクリックします。 そうするとこの回路の上の所から スパークが始まるようになります。 そうしたら「稲妻の種類」を 「ストライク」に変えます。 これにするとこの「方向」と書いてある ポイントですね この二点間でスパークが走るようになるので この方向の位置を回路の下の所にすると こんな感じにこの回路の中で スパークしているような こんな感じになります。 では「グローの設定」という所で 今このグロー 光る所が青になっていますけれども、 これをまたブルーは0で グリーンが255で レッドが0と。 緑にすると、質感がそろいましたね。 これはこのままだと動かないので 「伝導状況」これを動かすと このようにバチバチとスパークが動きます。 では先頭でキーフレームを入れて 次 10秒目で 伝導状況10にしましょう。 そうすると こんなふうにですね このべガスの明かりとは また別の感じで スパークしたものが動いている といったような動きを作ることができました。 ではこれが全体の中で もっと目立つようにしてみましょう。 では新規でまた平面を作ります。 そして一番上に置いておきます。 そうしたらこれで 「不透明度」を少し薄くして 80%位にしておきます。 そうするとうっすら見えている状況ですね。 ではここに対して 楕円形のツールを使って 平面のレイヤーを選んでいる状態で Shift キーを押しながらドラッグすると この部分を囲むことができます。 マスクが作成されます。 ではマスクを反転すると はい、こんな感じで ちょっとスポットライトみたいな感じですね。 ここだけ明るくなるので マスクの境界線のぼかしをかけると こんな形でここだけ目立った感じになります。 そうしたらこれですね。 ここがさらに目立つように 新規で調整レイヤーを作ります。 そして「エフェクト」>「スタイライズ」> 「グロー」ですね これをかけてやってグロー半径を広げて しきい値をあんまり光り過ぎない程度 83位にしておくと、 こんな感じですね。 83は少し明る過ぎるかなというときには もう少し調整して 90位にしておくと よりこのような感じで 回路の中を強調することができます。 あとこの「グロー強度」も 数値を調整すると この隙間の部分がもっと見えてきて 動いている感じがでてきます。 さあこれで動かしてみると 元々はただ単に回路の画像を 貼っただけでしたけれども このように光が動いていると いかにも複雑なシステムが 動いているような感じで 照明を一部に限ったことで より強調と不気味さの演出 といったものが行われています。 このべガスを使って このエッジの部分から光を作ったり この雷を使ってスパークを作るという こうした機械系の表現ですね、 かなり広く使える手法ですので ぜひとも試してみてください。

AfterEffectsで作るマンガ的表現

日本のマンガやアニメにはフキダシや擬音など独特の表現が数多く存在し、これらをAfter Effectsで作品に取り入れると非常にバラエティ感にあふれる作品が作れます。このコースではフキダシなどを使った言葉の表現やさまざまな擬音を文字アニメーションで表現する方法、デフォルメされた動きや状態の見せ方などを学ぶことができます。

3時間09分 (26 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年05月09日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。