Animate CC 基本講座

HTML5のインタラクティブアニメーション

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
HTML5向けのインタラクティブなアニメーションコンテンツの組み立てを、Flash Player向けと比べながらご説明します。
講師:
04:00

字幕

このレッスンでは HTML 5 向けの インタラクティブなアニメーション コンテンツの組み立てを Flash Player 向けと 比べながら説明します。 今開いているのは HTML 5 向けの コンテンツです。 ドキュメントのプロパティを見てみると 「HTML 5 Canvas ドキュメント」と あります。 尤も Animate CC の中では HTML 5 向けであろうと Flash Player 向けであろうと 基本的なアニメーションの作り方は一緒です。 タイムラインのレイヤーを見てみると 1番下に background つまり 背景があります。 そしてこの pen というのは アニメーションするキャラクターです。 その上に画面には見えませんが sound があって 1番上にscripts が書いてあります。 プログラムですね。 ではこれをブラウザで確認してみましょう。 「制御」メニュー>「ムービープレビュー」> 「ブラウザを使用」します。 背景があって その上を歩くペンギンのアニメーション そしてサウンドが鳴っています。 インタラクションはプログラムで 書かれていて クリックするとペンギンが飛び上がって バウンドする。 クリックで飛び上がってバウンドする。 こういうコンテンツです。 Animate CC で HTML 5 と Flash Player 向けと アニメーションの作り方が同じと 言いましたけれど 作り方だけではありません。 素材も使いまわすことが出来ます。 隣に Flash Player のコンテンツを 開いています。 レイヤーは全く一緒ですね。 というのはこの2つのムービー、コンテンツは 同じ素材を使って同じように作っています。 今こちらは開いているのは ActionScript 3.0 と書いてある Flash player がターゲットの Flash Player 向けのコンテンツです。 ライブラリを見てみると その素材があるんですが この素材、この HTML 5 Camvas の方と実は全く同じです。 ですから同じ素材を 使ってしまうことが出来ます。 もし仮に2つのコンテンツを使わなければ いけないという場合であっても 素材作りに関しては1回で 済んでしまうということです。 但し 1つだけ違いがあります。 大きな違いです。 このプログラム部分ですね。 これは Flash Player と HTML 5 では 違います。 今 HTML 5 の方を開いていますが スクリプトに書いてあるのは プログラムなんですけども これは JavaScript になっています。 では Flash Player の方に 切り替えてみると こちらは ActionScript 3.0 ということで やはり見てみると違いますね。 とは言え、ActionScript 3.0 というのは 実は JavaScript の標準である ECMA 、エクマと言いますけれども エクマスクリプトの仕様を基に作っています。 ですから考え方は一緒で こちらの ActionScript では 「クリックしたらジャンプしてね」 「ジャンプって何よ」といった場合には 「こういうことをして欲しいんです」と いう風に書いてあります。 この考え方は同じ仕様が ベースになっていますので JavaScript の場合も同様です。 こちらもちょっと書き方が違いますが 「クリックしたらジャンプしてね」 そしてジャンプというのは こういうことですよ、と書いてあります。 ですから素材は使い回しがききます。 そしてプログラムは違うんですけども 考え方は一緒ですので 同じ設計にしてできるだけ差を小さくすると いう工夫は十分する事が出来ます。 このレッスンでは HTML 5 向けの インタラクティブな アニメーションコンテンツの組み立てを Flash Player 向けと 比べながら説明しました。 素材については画像とか アニメーションするキャラクター サウンドなどについては使い回し する事が出来ます。 違うのはスクリプト、プログラムの 部分なんですが これも考え方は同じですので 設計段階ですり合わせれば 工夫の余地があるという事でした。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。