Animate CC 基本講座

ワークスペースの選択

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
パネルを含めたアプリケーションの画面全体の配置を決めるワークスペースとその選択についてご説明します。
講師:
04:06

字幕

このレッスンではパネルを含めた アプリケーションの画面 全体の配置を決めるワークスペースの 操作についてご説明します。 ワークスペースというのは このパネルの並びですね。 まず左の上側にステージがあり 下にタイムラインがあります。 それから一番右に ツールパネル、プロパティパネル それからよく使われるパネルが アイコンになって収められているバー という並びになっています。 これが初期設定です。 他にも幾つかバリエーションがありまして それは「ウィンドウ」から 選択することができます。 「ワークスペース」の中で 現在は「初期設定」が選ばれていますけど 例えば「アニメーター」 アニメーションを作る方向けですね。 このような配置になります。 アニメーターですから ステージとタイムライン タイムラインが何故か上にあるのですけど ここを行き来することが多いだろうと そうすると、その間に ツールパネルがあると 使いやすいんじゃないかという、多分 配慮ですね。 ちょっとこのスクリーンですと 画面が狭い感じになるんですが そういう場合には 例えばこのパネル しばらく使わないよ という場合には、この左の三角2つ 折りたたむことができます。 これでしたら、この画面でも そんなに問題ないですね。 それから「ウィンドウ」から いちいち選ばなくても 実はこの右上の方に 選択するボタンがあります。 クリックすると、他の選択肢 「デザイナー」 「デザイナー」というのは どちらかというと動かすよりも 絵を描いていくという おそらくイメージだと思います。 そうすると、それに使えそうなパネルが 比較的大きく 「色見本」ですとか「整列」などが 表示されていて ツールパネルは左側にいました。 そして更にその左にプロパティパネル という具合になっています。 ちょっとやはり画面 狭めですね。 デザイナーの方はもっと広い スクリーンを使っているだろう という前提かもしれません。 今度は開発者向けです。 「デベロッパー」 プログラムを書く人ですね。 その場合には、タイムラインがないですね。 タイムライン要らないでしょう。 ということだと思うのですが ステージが真ん中にあって 「コンパイルエラー」「出力」 とありますけれど これはプログラムの結果を表示する パネルになっています。 それから「コンポーネント」という やはりプログラムで使われるパーツが 収められているパネルです。 そしてライブラリに 切り替えることができます。 タイムライン、たまには使いたい という場合があるでしょう。 その場合には、今度は「ウィンドウ」から 「タイムライン」を表示することができます。 そうすると「コンパイルエラー」「出力」の 隣にタイムラインが表示されました。 開発者向けのもう1つとして 「デバッグ」というのがあります。 「デバッグ」というのは プログラムがちゃんと動いているかどうか 確認するということです。 そうすると、余分なものが一切ない というワークスペースになります。 もちろんステージは 結果を見るのに必要ですね。 それから「デバッグコンソール」 ここでプログラムが ちゃんと動いているかどうか プログラムの情報 「変数」といった情報を 確認することができますし プログラムの中にコードを書けば その時の状況を 出力パネルに表示することができます。 もう一切他のものは要らないという そういうパネルの設定ですね。 そしてノートブック等を 使う方のためでしょう 「小さい画面」というのがあります。 そうすると、基本的には そんなに変わらないですが 小スペースになってますね。 タイムラインがずいぶん 小さくなっています。 もちろんこれ、広げることも できますけれども 後は「プロパティ」とか「ライブラリ」 あるんですが 基本的に畳まれた状態になっています。 ツールのパネルは左側にあります。 では「初期設定」に戻しましょう。 このレッスンではパネルを含めた アプリケーション画面全体の配置を決める ワークスペースについて どのような物があるのかということを 実際に 選択してご説明をしました。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。