Animate CC 基本講座

鉛筆ツールと線ツールで描画する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
線を描くツールとして、鉛筆ツールと線ツールの使い方をご紹介します。
講師:
04:41

字幕

このレッスンでは線を描くツールとして 鉛筆ツールと線ツールの 使い方をご紹介します。 ツールパネルの これが「線ツール」です。 そして少し下に「鉛筆ツール」があります。 まず鉛筆ツールから試しましょう。 クリックして選択します。 そして線の色 黒です。 塗りは勿論ありません。 線は黒のほうがわかりやすいでしょう。 太さは 1 pixel このまま行きます。 そして「実線」を選びます。 この場合の描き方はフリーに フリーハンドでドラッグをすれば結構です。 もちろんマウスでドラッグをすると あんまりうまく描けないですね。 これはタブレット等を使うと より正確に描けるなと思いますけれど このように少し滑らかになりましたけど 鉛筆ツールを使って フリーハンドで描くことができます。 では消しましょう。 消す時の選択の仕方はご注意下さい。 線をクリックすると セグメント単位で選ばれるんですね。 どこが1つのセグメントになるか それは Animate に聞いてみて下さい。 線をすべて選びたい という場合には ダブルクリックで選択します。 そして消す場合には キーボードから Delete 。 では違うタイプの線も試しましょう。 また鉛筆ツールを選んで 「破線」を選択します。 フリーハンドでドラッグして描きます。 描いてる最中は実線に見えるんですけど マウスボタンを放せば 破線になります。 「点線」も試しましょう。 点線です。 フリーハンドでドラッグをして 描いてる最中は実線ですが マウスボタンを放すと 点線ということで では、これらの線は一旦消します。 「すべてを選択」します。 Command もしくは Ctrl All の頭文字 A ですね。 すべて選択されましたので キーボードから Delete します。 もうちょっと違うタイプ スタイルを試しましょう。 今度は「点描」です。 これは線が太くないと 確認しづらいので 10 と入力します。 そしてドラッグをしますと 太めの実線が描かれてるように見えますけど マウスボタンを放せば、点描。 スプレーで描いたような線ですね。 もう1つぐらい試したいと思います。 今度は「ハッチ」と言うんですが ドラッグしてる最中は、太い線ですけど マウスボタンを放すと こういう変わった線が描けます。 すべてを選択して削除しましょう。 キーボードから Delete です。 今度は線ツールを使ってみたいと思います。 スタイルは「実線」に戻しましょう。 尚、一番上にある 「極細線」です。 これは単に細い線にしか見えないですが 特徴として、拡大・縮小しても 線の太さが変わりません。 拡大した時に線が太くなる ということを避けたい時に 「極細線」を選択します。 今回は「実線」で 線の太さは 1 でいいので 1 で入力します。 この描き方は、矩形の描き方と 似ています。 矩形で長方形を描く時には 対角線をイメージして ドラッグするんですけど 線ツールの場合には、もちろん 対角線がそのまま引かれます。 それからキーボードから Shift キーを押しながらドラッグすると 45° 刻みで線が引けます。 ですから例えば 水平線が引きたい、 垂直線が引きたい という時には Shift キーを押しながらドラッグすると 綺麗に水平線・垂直線が描けます。 それから線ツールの良い所なんですが 正確な位置に線が描けます。 選択ツールでクリックしますけれど そうすると、プロパティパネルに この線 線もシェイプなので ベクターグラフィックですから XY 座標がわかります。 これ左上角の座標です。 今 X を 75 とありますが 50 に変更して Y も 50 にします。 そうすると位置が左上角 50 50 の座標に移ります。 同様に幅・高さでは 幅は 200 高さは 150 というふうに 入力をすれば これで左上角が 50 50 の位置から 幅が 200 pixel 高さ 150 pixel の 斜めの線が描けた ということになります。 このレッスンでは線を描くツールとして 鉛筆ツールと線ツールの 使い方をご紹介しました。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。