Animate CC 基本講座

自由変形ツールを使った変形

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
自由変形ツールでシェイプを伸縮・回転・傾斜してみます。
講師:
03:25

字幕

このレッスンではツールパネルの 自由変形ツールで シェイプを変形してみます。 まずシェイプを描きます。 矩形にしましょう。 矩形ツールで 塗りは青 アウトラインは黒 線の太さが 1px の実線です。 長方形を描きます。 まず選択をしなければいけないので 選択ツールでアウトラインも含める為に 塗りをダブルクリックです。 自由変形ツールというのは 選択ツールの少し下のこれです。 クリックをすると選択してあったものが シェイプに黒い四角が8つつきます。 これをハンドルと言うんですが まず水平の真ん中についたハンドルを ドラッグすると 垂直方向に拡大・縮小することが出来ます。 今度は垂直線の方の真ん中のハンドルは 水平方向に伸縮、伸ばしたり縮めたり ということが出来ます。 この時ポインタは その変形できる... 今このポインタだと左右の矢印ですし 垂直に変形する場合には 上下の矢印ですね。 ですからこの矢印の方向が 変形できる方向を指してると いうことになります。 角にもハンドルがあります。 そうすると斜めになっていますね。 つまり垂直方向・水平方向を 同時に変形する事が出来ます。 そしてこの角のハンドルをドラッグする前に キーボードから Shift キーを押します。 そうすると縦横比の比率が固定されて つまりプロポーションを保ったまま シェイプを拡大・縮小することが出来ます。 今度はハンドルにポインタを 合わせるのではなくて ハンドルの近くに持っていきます。 角です。角のハンドルの近くへ持って行くと 丸い矢印のようなポインタに変わります。 そうするとドラッグした時に 回転する事が出来ます。 今度はハンドルとハンドルの間です。 そうすると斜めの矢印のような ポインタに変わります。 これはこのハンドルの方向に 合わせてドラッグすると 傾斜できます。 こちらも同様ですね。 この上の辺に合わせてドラッグすると 傾斜する事が出来ます。 そして 例えば回転した時 或いは拡大・縮小した時 中心を基点にして変形が行われています。 この変形が行われる基点のことを 変形点というんですが この白丸で表されています。 これは移動が出来ます。 ですからドラッグして 例えば1番端のハンドルに合わせると ここを基点として 例えば回転 或いは伸縮ですね。 勿論傾斜も同じように この基点が動かない状態で 変形することが出来ます。 このレッスンではツールパネルの 自由変形ツールを使って シェイプを伸縮・回転・傾斜する 方法について説明しました。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。