Animate CC 基本講座

シェイプのグループ化と重ね順の操作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数のシェイプを扱う場合のグループ化と重ね順の操作の仕方についてご紹介します。
講師:
07:06

字幕

このレッスンでは複数のシェイプを扱う場合の グループ化と重ね順の 操作の仕方について紹介します。 まずは何かシェイプを描きましょう。 矩形ツールです。 カラーはブルーで線は黒の 1pt の実線ということで 縦長の長方形を描きます。 あと2つ描きます。 次は楕円ツールです。 カラーの設定はこのまま行きましょう。 今度は横長の楕円です。 もう1つは多角形にしましょうか。 折角ですから星形にして 頂点数は5つでいいでしょう。 ポイントサイズもこのまま 中心からドラッグをして星形を描きます。 このシェイプを例えば 楕円のシェイプを 長方形の上に重ねてみましょう。 楕円を塗りと線の両方を選びますから ダブルクリックをして重ねます。 まだ網掛けがかかっていますから 選択が外れていません。 ちょっと位置をずらします。 特に問題ないですね。 選択をはずします。 関係ない所をクリックです。 改めて楕円をダブルクリックで 線ごと選び 移動すると 長方形が抜けてしまってるんですね。 これは Animate のシェイプの 特徴的なところです。 ベクターグラフィックで勿論 シェイプは作られているんですけども 重ねた時は BMP のように下が つぶれてしまうという性質を持っています。 これは取り消しましょう。 「編集」で取り消します。 ショートカットは 他のアプリケーションと共通です。 Ctrl もしくは Command+Z です。 何回か取り消しますので ショートカットで行きます。 Ctrl もしくは Command+Z を繰り返します。 もう1回 もう1回 もう1回 これで戻りましたね。 では重ねても下がつぶれないように ちゃんとそれぞれが独立して残るように するにはどうしたら良いかと言うと ここでグループ化を使います。 ではグループ化したいものを選ぶんですが 星形をグループ化しましょうか。 やはり線も一緒に選びますので ダブルクリックで アウトラインも含めて選択します。 プロパティには「シェイプ」となっています。 グループ化は「修正」メニューの 下の方ですね。 ショートカットは覚えやすいです。 Ctrl もしくは Command グループと覚えましょう。 Group の G です。 そうするとプロパティが 「グループ」となりました。 そしてカラーがなくなってしまうんですね。 塗りや線がこのままでは変えられません。 変え方はあとで紹介しますけれども 言ってみれば 線と塗りが固められた状態です。 固められてどうなるかと言うと 重ねた時選択が外れました。 下をつぶさないんですね。 でも勿論長方形と楕円 こちらは BMP のままです。 ダブルクリックで選択しましたけれども 長方形に重ねて 選択を外して ダブルクリックして 外すと やっぱりつぶれてしまいます。 ですからこの3つのシェイプ いずれも重ねても お互いに つぶし合わないようにする為には 3つとも全てグループ化する必要があります。 まずは取り消しましょう。 Command もしくは Ctrl+Z で 1回 2回 3回 4回 5回 これで大丈夫ですね。 楕円が選ばれていますので グループ化しましょう。 ショートカットをできれば覚えて下さい。 Command もしくは Ctrl+G です。 長方形を選択します。 そして Command もしくは Ctrl+G ですが もう1回くらい目にお見せします。 こうすると重ねても大丈夫です。 では星の上に楕円を重ねます。 そして長方形を重ねます。 外します。 外します。大丈夫ですね。 もう1回。 関係ない所をクリックして 長方形の選択が外れました。 でも長方形も楕円も星形も ちゃんと3つ共残っています。 ただ 重ね順が気になるかも知れませんね。 星を1番手前にもってきたいという時は 重ね順を変更する事が出来ます。 この3つ全部真ん中に持ってきたいと 思うんですけども グループ化したシェイプについては 選択をする時に すっぽり囲む必要はありません。 例えば これでもう長方形が 選ばれてしまいます。 或いは星形 選択ツールでドラッグしながら この手の部分にちょっとかかれば これで もう星形が選ばれます。 ということなので3つ選ぼうとすれば これでもういいですね。 3つ共選ばれましたから ドラッグして持ってきます。 真ん中に持ってきます。 では星形を手前に持ってきます。 手前に持って来たい星形をクリックします。 1番手前に持ってきます。 「修正」メニュー>「重ね順」の いくつか選択肢があるんですが 「最前面へ」で1番手前に来ます。 では楕円は長方形の前に持ってきて 星形の後ろに持って来たいという場合 楕円を選択して 「修正」メニュー>「重ね順」> 「1つ前面へ」で1個手前 長方形より手前に来ますけれども 星形よりは後ろです。 或いは星形を選んで 「修正」メニュー>「重ね順」> 「最背面へ」で また星形が後ろへ行ってしまいます。 星形の後ろに長方形をもっていきたい という場合に 長方形を後ろに持って行ってもいいし 星形と楕円を選択して これを 「最前面へ」持ってくると いう風にすれば 結果として長方形が1番後ろに行く ことになります。 星形を最前面へもって来ましょう。 「修正」>「重ね順」>「最前面へ」です。 さて グループ化したものを解除したい 元のシェイプに戻したいという場合には 解除したいもの 今回は星形にしますけれども 選んで「修正」>「グループ解除」です。 Ctrl もしくは Command+G に Shift キーが加わるのが ショートカットになります。 これでシェイプになりました。 選択をはずします。 そうすると1番後ろに行ってしまいます。 シェイプは必ず1番後ろです。 そして手前に持ってきたいと思って ダブルクリックして選んで 「修正」>「重ね順」とやっても シェイプについては重ね順が変えられません。 シェイプは全部後ろにあるということですね。 そしてシェイプ同士については べたっとくっついてしまいますから 重ね順という考え方は無いんです。 このレッスンでは 複数のシェイプを扱う場合の グループ化と重ね順の 操作の仕方について説明しました。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。