Animate CC 基本講座

矩形プリミティブツールと楕円プリミティブツールで描画する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
矩形プリミティブツールと楕円プリミティブツールの使い方と、矩形ツールや楕円ツールとどう違うのかをご説明します。
講師:
05:33

字幕

このレッスンでは 矩形プリミティブツールと 楕円プリミティブツールの 使い方についてご説明をします。 ツールなんですが まず矩形プリミティブツールです。 デフォルトでは最初に「矩形ツール」が ここにでているんですけど このツールをプレス ボタンを押したまま マウスボタンを押したままにしますと 「矩形プリミティブツール」 というのが選べます。 塗りは青、線は黒で 1 pixel の実線ということで 矩形を描きます。 角に青い四角がでてますね。 オブジェクト描画モードで描いた 矩形のシェイプと似ています。 違いは関係ない所一回 選択ツールでクリックして 選択外します。 もう一度、矩形プリミティブツールで描いた プリミティブの図形を選びます。 プロパティには「矩形プリミティブ」と 書いてありますね。 そしてプロパティを見ると オプションに 角丸のオプションがあります。 ここに、では数字を 10 と入力しましょう。 角丸の波形です。 Enter キーで入力すると 角が丸くなりました。 では、通常の矩形ツールです。 そしてオブジェクト描画モードに しておきましょう。 その上で 四角を書きます。 実は矩形のオプションに やはり角丸があるんですけど 選択を外します。 その上でクリックをすると オプションが出てこないですね。 ですから通常の矩形ツールの場合には 選んで最初に例えば 10 と入力をして、 そして、描画をすれば 角丸の矩形が描けるんですけど 選択を一旦外してしまって選ぶと もう変えられないということですね。 所が矩形プリミティブツールのほうは 選択をすると まだオプションでています。 ですから 10 というのを 2 に置き換えて Enter キー入力すると ちゃんと今度はもっと丸い 半径 20 の角丸になる、と 後から変更できるということです。 ちょっとこちらは消してしまいます。 キーボードから Delete です。 では楕円のほうも行きましょう。 楕円のプリミティブツール ツールをプレスしたまま 選択を変更します。 ここには「楕円オプション」 というのがあって 幾つか設定が変えられるのですが プリミティブの方は 後からでも変えられるので とりあえず楕円、書きましょう。 そして選択ツールで 一回選択を外したうえで 関係ない所をクリックしたうえで 選びます。 オプションがでてますから これ何でしょう?ということですが 「開始角度」とありますね。 これドラッグして放すと 口が開くんですね。 「終了角度」 口が追っかけます。 開きます。 追っかけます という具合で この間隔だけ 口が開くということになります。 あと「内側の半径」とありますけど これをドラッグして 数字を上げていくと 中が抜けるんですね。 C が曲がったような感じ 周ったような感じになります。 あと「パスを閉じる」とありますが これ、チェックを外すと 塗りが無くなってしまいます。 無くなったわけではなくて この「開始角度」「終了角度」を ぴったり合わせてあげれば ちゃんと塗られます。 所が「開始角度」と「終了角度」が 離れている時 この口の所ですね。 結ばれていないので パスが閉じられていないので 閉じられていないパスは塗らない という設定です。 チェックを付ければ 閉じられていなくても塗るので C のような形になります。 では通常の「楕円ツール」で 「オブジェクト描画モード」 この時「開始角度」「終了角度」が 変えられます。 内側の半径が変えられますので 変えておいた上で ドラッグをすると 同じような形ができます。 けれども選択ツールで一回選択を外して 選択をする、 改めて選択をすると オブジェクト描画モードで描いた シェイプのほうは 後からは設定が変えられない、と そういう違いがあります。 あと、プリミティブツールで描いた 図形というのは やはり重ね順というのは維持されます。 重ねておいて そして バラバラにしても ちゃんと抜けたりしません。 重ね順の変更というのもできます。 この C を選んだ上で 「修正」>「重ね順」>「最背面へ」とすれば 角丸の矩形の後ろに行ってしまう ということで あるいは通常の 楕円ツールで描いたシェイプ オブジェクト描画モードですね。 これはやはり重ね順が 維持されますから これで選んだ上で 「修正」>「重ね順」>「1つ背面へ」 とすれば 角丸長方形の後ろに 持っていくことができます。 このレッスンでは 矩形プリミティブツールと 楕円プリミティブツールの使い方 それから通常の矩形ツールや 楕円ツールとの違い どう違うのか、ということについて ご説明をしました。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。