Animate CC 基本講座

ルーラーとガイドの操作

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ルーラーとガイドおよびオブジェクトの吸着を使うと、オブジェクトの位置を簡単に揃えることができます。
講師:
05:00

字幕

このレッスンではオブジェクトを ドラッグして位置揃えする時に使うと 便利なルーラーと ガイドについて、ご説明します。 今動物が三匹 それぞれ別レイヤーにいるんですけど この位置をいろいろと 調整したいという場合に 例えばこのキリンの位置です。 キリンの位置をどこに持っていこう。 座標はプロパティのパネルでわかります。 X 座標、水平位置が 24.95 半端なんですけど。 この座標の起点はどこかというと キリンを選んだ時、左上に表示される この「+」の記号 基準点というのですが ここを起点として 座標が決まります。 じゃあここを 50 にしたいな、と思ったら 50 と入力すれば良いんですけど ステージとプロパティの間をいちいち 視線を移動させるのは ちょっと煩わしいですね。 特にドラッグで、位置を調整する時には ステージに集中していたいです。 こういう時に検討として便利なのは ルーラーです。 ルーラーを表示しましょう。 「表示」メニューから 「ルーラー」というふうに選択すると 左と上にメモリが付きます。 これが座標になります。 クリックした時に この座標は 50 だと 大体検討はつきますね。 更に、いろんな動物 3匹いますけれど この位置を、それぞれ同じ基準に 揃えたいというような場合があります。 そういった時にはルーラーと合わせて ガイドを併用すると便利です。 例えば、この X 座標について 位置揃えをしたい場合に この水平位置を決めるためのガイドを 左のこのルーラーから引っ張ってきます。 そして、上のメモリで 50 ここでしょうか。 ガイドが引かれました。 マウスボタンを放すと そこにガイドは引かれます。 改めて、このキリンを放して この角の辺りに持っていくと この辺に、ちょうど基準点の辺りに 小さい丸が付きますね。 そしてガイドというのは 近づけるとくっ付くと こういう性質を持っています。 ちゃんと 50 pixel の位置に なったかというと、なってないですね。 何故かと言うと、このガイドの位置が 50 になってないんでしょう。 正確な位置を確かめたい時 正確に設定したい時は ガイドをダブルクリックします。 やはり 49 ですね。 これを 50 と入力して Enter キーで 見た目、わかりませんけれど 50 になったはずです。 キリンをもう一回 放して 角の辺り、ドラッグして くっ付きました。 今度は 50 になりましたね。 では下端の方も この3つの、3匹の動物を 揃えたいと思いますので この場合には、上のルーラーから ドラッグをして 引っ張ってきて 300... 60 70 この辺でしょうか。 本当に 370 でしょうか。 疑り深くなってますが ダブルクリックすると 大丈夫ですね。 では今度はサルです。 下端に揃えますので、足の辺りを ずっと下に持ってくると、 やはり小さい丸がくっ付きました。 更にそのまま左に持ってきます。 あれ、何かにくっつきました。 何かというと これは象の左端にくっついたんです。 実はガイドがなくても オブジェクト同士も くっ付くような設定に デフォルトではなっています。 その設定、どこで見るかというと 「表示」>「吸着」です。 ここを見ると「ガイドに吸着」 ガイドにくっ付いて下さいね。 「オブジェクトに吸着」にも チェックが付いています。 チャックが付いたものを選べば チェックが外れてオフになります。 チェックが付いていないものを選択すると そこにチェックが付いてオンになります。 今回は特に変更はしません。 このオブジェクトに吸着に チェックが付いているために 象の左端と合いました。 更に、このサルを 左の方に持っていきますと またくっつきました。 何かというと キリンの右端ですね。 じゃあ象の方も、改めて 少し離してから 足の辺りが良いでしょうか 前足、くっつきましたね。 そして、ドラッグして くっ付きました。 これでキリンの左端が 50 ですね。 それから、すべての動物の下端が 370 の位置に設定されて 象とサルはキリンの右端に くっ付いたということになります。 このオブジェクトの吸着なんですが あんまり動物やオブジェクトが多い時には あっちこっちくっ付いて 大変なことになりますので そういう場合には必要に応じて この「吸着」のオン・オフを 切り替えるようにして下さい。 このレッスンではオブジェクトを ステージ上でドラッグして 位置揃えする時に便利な ルーラーとガイド及びオブジェクトの吸着 についてご説明をしました。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。