Animate CC 基本講座

ペンツールとアンカーポイントの操作

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ペンツールで線を描くと、アンカーポイントとコントロールハンドルなどを使って編集ができます。
講師:
06:46

字幕

このレッスンではペンツールを使って 線を描き、それを後から 編集してみたいと思います。 ペンツールは文字通り このペンのアイコンですね。 ペンツールを選択します。 そしてペンツールは線を描くツールですから 塗りはありません。 色は現在、黒が選ばれていて 1 pixel の実線 これで行きましょう。 ペンツールの使い方なんですが まず直線を描きます。 直線の場合には クリック、クリックとすると その二点が結ばれた 直線が出来上がります。 更に連続してクリックすれば どんどん繋がっていくんですけれど これでクリック。 それからクリックする時に Shift キーを押しながらクリックすると 水平とか垂直とか 45° 刻みの線を打つことができます。 ちょっと水平よりも ペンが下にありますけど ちゃんと水平位置に アンカーポイントと言いますけれど 点が出来上がりました。 次のアンカーポイントをクリックして そして出発点のアンカーポイントに ポインタを合わせると ペンの右下に白い丸が付きます。 これはここで線が閉じますよ という印になります。 クリックすると 五角形が出来上がりました。 これ選択ツールを使って 選択することもできます。 普通の線ツールで描いた 線を一緒ですね。 ですからダブルクリックをして 線全体を選び ドラッグして移動するということができます。 あるいは、バケツツールで 塗りの色を、ではブルーにしましょうか 閉じた図形の中をクリックすると 塗ることができます。 けれどもせっかくですから ペンツールを使った場合の 特別なツールを使って 形を変えてみましょう。 1つはダイレクト選択ツールです。 ダイレクト選択ツールを選択すると 先程まで太かった線が細くなりました。 そして頂点をクリックすると 頂点に青い四角が出来上がります。 クリックした所は青い四角で 後は白ですね。 青い四角をダイレクト選択ツールで ドラッグすると 頂点の位置を動かすことができます。 この黒い矢印の選択ツールと違うのは この辺をクリックしたとき 形は変わりません。 ドラッグすると 位置を移動することができます。 ではこれは消してしまいましょう。 この場合には選択ツールを 使うのが良いですね。 選択ツールをダブルクリックして 塗りと線、両方選択した状態で キーボードから Delete で 消せます。 次に曲線を描きましょう。 曲線もやはりペンツールで描けます。 曲線を描く場合にはクリックでなく ドラッグになります。 そうすると、やじろべえの腕のような ハンドルがでてきます。 これをコントロールハンドルと言うのですが このハンドルは実際に 描画されるわけではありません。 ここで描画したのは この一点です。 この一点がアンカーポイントです。 ですからもう一点 直線の時とは違って クリック、クリックではなくて ドラッグ、ドラッグになります。 この方向を示す コントロールハンドルと言うのですが このコントロールハンドルは 曲線の伸びる方向を示し この長さが曲がり具合 長い程カーブがきつくなります。 ではこっち方向なんですけれど この変にまたドラッグ 今度はドラッグを弱めにします。 短めにします。 そうすると、ここはカーブは強めで こっちはカーブが弱めになります。 進行方向、こっちですね。 で、カーブ弱めでスタートしてます。 じゃあここはまたちょっと 強めに、と。 自動車で道をドライブする イメージを考えて頂ければ良いでしょう。 このコントロールハンドルの長さが ハンドルの切り具合ということになります。 そしてこの方向が自動車の進む向きですね。 もっとこっちの方に進みたい と思ったら ドラッグしてあげればいいと このようにカーブの方向を 変えることもできます。 さてここでも形を変える時には ダイレクト選択ツールを使います。 ダイレクト選択ツールで クリックして選び ドラッグして位置を変えることができます。 これは直線の場合と同じですね。 それから直線にはなかった コントロールハンドル これもダイレクト選択ツールで 動かせます。 その場合には コントロールハンドルの先っちょ このやじろべえの腕の先ですね ここをドラッグします。 そうするとポインタ合わせると 黒い三角になりますので これで ハンドルを短くすると カーブが緩くなります。 長くするとカーブがきつくなりますし このカーブの方向ですね。 それを変えることができます。 アンカーポイント このポイントをドラッグして 点の位置を変え つまり曲線が通る点の位置を変え コントロールハンドルの先で カーブの曲がり具合 曲がる方向ですね これが曲がる強さというものを 調整することができます。 一般にアンカーポイントが少ない方が 滑らかな曲線になります。 アンカーポイントが多いと 細かな、微妙な曲線を描くことができます。 アンカーポイント、この辺に欲しかったなと 思った場合には アンカーポイントを加えることができます。 ペンツールの兄弟ですけれども 「アンカーポイントの追加ツール」 これでアンカーポイントが今ない ここの点をクリックすると そこにアンカーポイントが 付け加わります。 ペンの右下には「+」の印に なってますね。 そうするとアンカーポイントと コントロールハンドルはできましたから アンカーポイントをダイレクト選択ツールで 動かし、コントロールハンドルで カーブの具合を調整する といったことが可能となります。 アンカーポイントを増やすと こういう微妙な曲線ができるんですが 滑らかさは失われます。 やっぱり要らなかったという場合には 更に兄弟ですね。 「アンカーポイントの削除ツール」 これを選択して 現在既にあるアンカーポイント ペン先を合わせると ペンの下はマイナスになっています。 クリックすると アンカーポイントが無くなります。 ちょっとここなんか 尖った感じになっちゃいましたね。 アンカーポイントを追加して ダイレクト選択ツールで いろいろアンカーポイントの位置や コントロールハンドルを変えると その両端のアンカーポイントの コントロールハンドルも変わってしまいます。 アンカーポイントは動いてないですけど コントロールハンドルが 短くなっちゃったんですね。 ですから改めてコントロールハンドルを こう伸ばしてあげて 滑らかな曲線にする。 関係ない所をクリックすると 実際にどんな曲線が 描かれたのかということが 確認できます。 このレッスンではペンツールで線を描き それをアンカーポイント コントロールポイントを ダイレクト選択ツールで 色々動かして 直線、あるいは曲線の形を編集する ということについてご説明をしました。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。