Animate CC 基本講座

ボタンシンボルをつくる

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ボタンシンポルを使うとインタラクティブに動くボタンがつくれます。
講師:
04:14

字幕

このレッスンではボタンシンボルを どのように作ればよいのかについて 説明します。 まずボタンシンボルにする シェイプを描きましょう。 矩形を使います。 色はグラデーションの塗り設定をして ちょっとばかり見映えを良くしましょう。 こんな感じでしょうか。 ダブルクリックで全体を選んで 位置を真ん中にしておきましょう。 整列パネルでステージを基準に 真ん中 真ん中と 中央揃えにしました。 これを改めてダブルクリックして シンボルに変換します。 右クリックして「シンボルに変換」して 名前を button としましょう。 種類は「ボタン」です。 基準点は真ん中でいいでしょう。 「OK」を押します。 とりあえずこれで ボタンシンボルは出来上がりました。 ボタンとして機能します。 どういうことかと言うと では確認してみましょう。 ムービープレビューですけども 「Animate を使用」が選択されているので 「プレビュー」で行きます。 ショートカットは Ctrl+Enter もしくは Command+Return です。 どこがボタンなんでしょう。 ポイントを合わせると指になります。 それからこのレッスンでは行いませんが プログラムを書けばちゃんとボタンとして 機能する、その機能は持っています。 但しプログラムを書かなければ 押しても何も起こりません。 いくら機能すると言っても ボタンとしてはやはり マウスポインタを重ねたらどうなるとか 押したらどうなるとか 表現が変わって欲しいですね。 それを加えることにします。 シンボルを編集しますので このステージ上にあるボタンシンボルを ダブルクリックします。 そうすると「シーン1」の隣に 今作った「button」という名前ですね。 あとボタンシンボルのアイコンは ボタンに指がのっかったような こういうアイコンになっています。 そしてシンボルはタイムラインを持っています。 但しタイムラインがムービークリップ シンボルやグラフィックシンボルとは ちょっと違っています。 妙にこのフレームが幅広いですね。 そして 1,2,3 という数字ではなくて アップ オーバー...ちょっとみ難いですが これオーバーが隠れちゃってるんですね。 アップ・オーバー・ダウン・ヒットという 風に書いてあります。 4つあって5つ目以降は使えません。 この4つだけを使います。 しかも今1個しかありませんから 必ずしも全部使わなければ いけないことにはなりません。 どこか1個使ってあれば それで済むんですけれども 今アップがあります。 ではオーバーとダウンにも フレームをおくことにします。 そしてオーバーとダウンで色を変えますので 両方共キーフレームにします。 ですから2つ選んで右クリックで 「キーフレームに変換」です。 このレッスンではヒットは使いません。 ヒットは使わなくても多くの場合は済みます。 ではオーバー ここで このカラーを グリーンのグラデーションにします。 放射状のグラデーションですね。 ダウンの方はカラーを凝った レッドのグラデーション。 放射状のグラデーションにします。 青 緑 赤と。 こういう状態にして「シーン1」に戻り プレビューを見てみましょう。 ショートカットは Ctrl+Enter もしくは Command+Return です。 どうなったでしょうか。 ポインタを合わせます。 これは2番目のオーバーの フレームが表示されます。 ということはヒットというのは マウスボタンを押した時です。 マウスボタンを今押しました。 そうするとヒットのフレームに変えた 赤いボタンのシェイプに変わる訳です。 これでボタンらしくなりました。 このレッスンではボタンシンボルを どのように作ればよいのかと いうことについて説明しました。 タイムラインが少し変わっていましたね。 アップが通常の状態 オーバーがマウスポインタを重ねた時 ヒットがマウスボタンを押した時と いう状態を設定すればよいです。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。