Animate CC 基本講座

シェイプヒントでシェイプトゥイーンを調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
シェイプトゥイーンのかたちの変わり方は、シェイプヒントで調整します。
講師:
05:05

字幕

このレッスンではシェイプトゥイーンの 形の変わり方を調整する シェイプヒントの使い方について ご説明をします。 ではまずシェイプトゥイーンを作りましょう。 最初の形は楕円ツールでまん丸にしましょう。 塗りは放射状のブルーのグラデーション。 中央から正円を描きますので Windows は Alt+Shift Mac は Option+Shift ですね。 押しながら正円を描きます。 そして選択ツールで選択をして ステージの中央に位置揃えしましょう。 整列パネルで ステージを基準に真ん中、真ん中と。 それから24フレームのシェイプトゥイーン にしますので 24フレームを右クリックして 「空白キーフレームに変換」します。 24フレームの形は 星形にしましょう。 多角形ツールで「オプション」 そして「スタイル」は「星」とし 辺というか頂点数ですけど 「5」のポイントサイズ「0.5」 このまま OK を押します。 多角形ツールは デフォルトで中央から描くことになります。 しかも正多角形になります。 ですから中心からドラッグして 但し位置を綺麗に揃えたい時には Shift キーを押しながらドラッグすると 綺麗にこのてっぺんが 12時の位置に行きます。 カラー変えましょう。 選択ツールで選択をして グリーンの放射状のグラデーション やはり位置揃えします。 整列パネルでステージを基準に 真ん中、真ん中ということで そしてシェイプトゥイーンも フレームに対する設定ですから 第一フレームを選択して 右クリックで 「シェイプトゥイーンを作成」ということで 出来上がりました。 確認しましょう。 「制御」メニューで 「ムービープレビュー」は 「Animate を使用」になっていますので 「プレビュー」で確認ができます。 シェイプトゥイーン、できましたけど なんとなく気持ち悪いですね。 何が気持ち悪いかというと この星形のてっぺん せっかく12時の位置にしてあるのに 何か最初の位置が少し曲がってますね。 こういう時にシェイプヒントを使います。 シェイプヒントはまず スタートの第一フレームを選択し そこで「修正」メニューから 「シェイプ」で 「シェイプヒントの追加」になります。 そうすると、赤い ちょっと見にくいですけど a という丸が出てきます。 これはどう使うかというと この丸のどこと星のどこが対応するんだよ ということを Animate に教えてあげることになります。 では第一フレームで このてっぺんがということで てっぺんに持っていきます。 そして24フレーム目 こちらもてっぺんに持っていきます。 てっぺんに持って行って ぴたっと位置が合うと 緑色にカラーが変わります。 このはずれてると 長くなっています。 うまくくっ付かないという場合には ここを確認して下さい。 「表示」>「吸着」です。 そして「オブジェクトに吸着」 ここにチェックが付いていれば ぴたっと吸い付くはずですので 吸い付いた所で グリーンに変わります。 これで大丈夫でしょうか。 確認しましょう。 「制御」>「プレビュー」です。 確かにてっぺんはいいですけど 今度は下ですね。 下がやはり少し 斜めから上に上がって行く感じですね。 真っすぐ上に上げたいと。 ですからシェイプヒント もう1つ追加します。 また第一フレームで 「修正」>「シェイプ」の シェイプヒントの追加です。 今度は下側ですね。 a から始まって b という風に アルファベットの連番というんでしょうか 順番になります。 ピタッとくっつきました。 では24フレーム目 ドラッグして くっ付くと緑色に変わります。 もう一度確認です。 「制御」>「プレビュー」ということで 今度は上も下も ピッタリと位置が変わらず 真っすぐ動いてますね。 垂直に変化しています。 さて、シェイプヒントを使った時の 注意なんですが これを一旦保存します。 「ファイル」>「名前を付けて保存」で 「sample」とします。 上書きしてしまいましょう。 「保存」で「置き換え」と。 閉じます。 そして「sample」 最近使用したファイルに入っていますので 開きます。 シェイプヒントが消えちゃったと 慌てるかもしれませんが 大丈夫です。 「表示」>「シェイプヒントの表示」 というメニューを選べば 改めて出てきます。 このレッスンではシェイプトゥイーンの 形の変わり方を調整する シェイプヒントの使い方について ご説明しました。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。