Animate CC 基本講座

テキストツールとテキストの設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テキストツールの使い方と、プロパティパネルを使ったテキストの設定についてご説明します。
講師:
05:35

字幕

このレッスンではテキストツールの使い方と プロパティパネルを使った テキストの設定の仕方について ご説明します。 まずテキストツールを選びましょう。 この T のアイコンですね。 テキストツールです。 プロパティのパネルで 設定を確認します。 今回種類は3つあるうちの 一番上「静止テキスト」を選んでおきます。 「フォントファミリー」は 現在「 Helvetica 」になっていて 「スタイル」太め、Bold ですね。 このままでいきましょうか。 「サイズ」は後で変えます。 「カラー」も後で変えることにして ブルーのまま入力をしましょう。 テキストツールが選ばれた状態で ステージの上をクリックすると そこに入力のためのボックスが 現れますので Animate と いう風にします。 そして、選択ツールで 関係ない所をクリックすれば 選択が外れます。 選択ツールでクリックして ドラッグすれば位置が移動できます。 Animate CC にしましょう。 という場合には またテキストツールに持ち替えて ボックスの中をクリックし 1スペース CC 2015 まで入れましょうか。 そして、選択ツールで 関係ない所をクリックして 確認します。 あるいは移動して位置を整えます。 CC の色を変えたい この場合またテキストツールに持ち替えて CC を必ず選択して下さい。 うっかり選択しないで 2015 の後に 挿入ポイントが光ったまま 一生懸命カラーを変えてもダメです。 CC を選択して カラーを赤にします。 ちょっと見にくいかもしれませんけど 赤、変わりましたね。 あるいは選択ツールで 外側をクリックしても構いません。 全体を変えたい。 例えば「サイズ」「カラー」 変えたい場合には 選択ツールで選んだ状態で プロパティを設定します。 例えばサイズは それでは 100 pt ということで キーボードから入力してしまいます。 Enter と。 「カラー」この表示は 色が混じっている、ということですね。 全部赤くしましょう。 改めてクリックして 赤を選択します。 そしてちょっと右の方が見えませんので 選択ツールで 右にある端っこが見えるように 左に持っていきます。 更に、そうですね フォントファミリーも変えてみましょうか。 フォントファミリーを 文字通りインパクトのある「 impact 」。 ちょっと幅が狭まりますね。 細長いフォントですので このサイズ、ボックスのサイズを変えたい という時には デフォルトでは この静止テキストの場合ですね。 テキストを選んで 「静止テキスト」になってますね。 デフォルトでは 今ご覧に入れた通り 入力をすれば、このボックスの幅が どんどん広がっていきます。 そうでなくて幅を変えたい という場合には テキストツールを選んで ボックスの中をクリックします。 その上でハンドルが下にでてきますね。 そこにポインタを合わせると 左右の矢印になりますから 左にドラッグすると 幅が狭まる代わりに 自動的に改行が入ります。 更に狭めると今度は CC も下に来ますね。 もっと狭めるとちょっと途中改行で おかしくなりますので ハンドルが下 見えなくなりましたから 選択ツールで少し 上に持ち上げて そして、また広げましょう。 Animate CC ぐらいにしときましょうか。 そして改行 2015 ですね。 位置を整えます。 さてまたデフォルトのように 自動的にどんどん広がるようにしたい という場合には どうしたら良いかというと またテキストツールに持ち替えて 中をクリックします。 右上のハンドルが白い四角になっている場合 これはマニュアルで この幅を変えたことを示しています。 この白い四角のハンドルを テキストツールでダブルクリックすると 自動的にまた 改行なくなりましたね。 そして、テキストツールで 改めて中をクリックすると 右上、白丸が付いています。 白丸の状態が 自動的に入力に合わせて このボックスのサイズを変えてくれる という設定です。 この場合でしたら、例えば 2015 の場合で 改行を入れれば 2015 が下に行き それに伴って、自動的に ボックスの幅が変わります。 現在は 右上、白丸の状態ですね。 じゃあちょっと位置を 中央に整えましょうか。 整列パネルで ステージを基準に 真ん中、真ん中 という風にしておきます。 あと選択ツールで ボックスをダブルクリックする。 ボックスの中をダブルクリックすると 自動的にテキストツールに持ち替わります。 これは結構便利です。 但し、便利なんですけど Animate CC 2015 全体を 選択したつもりで うっかりダブルクリックしてしまって ここでカラーを変えても 変わらない、ということになりますから テキストを操作する時には 今、選択ツールが選ばれてるのか テキストツールが選ばれてるのか よく確認をした方がいいですね。 ここでカラーを変えても 変わりません。 ですから選択ツールで ダブルクリックでなくて シングルクリックの状態で カラーを設定すれば ボックスの中のテキストのカラー 全体が変わる、ということになります。 このレッスンでは、テキストツールの使い方と プロパティパネルを使った テキストの設定の仕方について ご説明をしました。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。