Animate CC 基本講座

テキストにグラデーションを加える

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
テキストにはグラデーションが使えません。グラデーションで塗られたテキストのつくり方をご説明します。
講師:
04:57

字幕

このレッスンではグラデーションの 塗りのついたテキストを どのように作ればよいかと いう事について説明します。 今まっさらなドキュメントが 開いていますけれども ここにテキストを打ちたいと思います。 テキストツールで「静止テキスト」で Impact のフォントで 100 pt のブルー 色は後で変えますので グラデーションに変えますから このままでいいでしょう。 そしてテキストを打ちます。 Animeit と。何か気になっている方も いるかもしれませんが ここはちょっとスルーして下さい。 さて カラーでグラデーションを 選択しようと思っても グラデーションがありません。 カラーパネルを開くと グラデーションがあるんですけども クリックしても ブルーに戻ってしまうんですね。 というのはテキストには厳密には グラデーションを設定することが出来ません。 どうしたらいいかと言うと グラデーションを塗れる シェイプに変えればいいんですね。 ではシェイプに変えましょう。 変え方はまず文字 テキストを選択しておいて 「修正」>「分解」を選びます。 ショートカットは比較的 分かりやすいのではないでしょうか。 Ctrl もしくは Command に break の b です。 こうするとこの段階ではまだテキストです。 但し1文字毎バラバラの テキストになりました。 静止テキストですね。 でもこれを更に全体が選ばれた 全てが選ばれた状態で もう1度分解をします。 「修正」>「分解」 Ctrl もしくは Command+ ブレイクですね。 こうすると網掛けがかかりましたから クリックするとシェイプだと分かります。 勿論グラデーションも塗れますけれども 気になっていた方、綴りが違いますね。 こういう時に困ってしまうという事ですので 取り消しましょうか。 いくつ取り消せばいいでしょうか。 ショートカットを使わせていただきます。 Ctrl もしくは Command+Z で 元に戻しますので 1個 2個 3個 4個 5個 6個 もう1個戻します。 全部がくっつくまで... くっつきましたね。 Animate じゃないでしょうと。 ここは a の e ですね。 位置揃えをしましょう。 選択ツールで選んだ上で 整列パネルで「ステージを基準」に 真ん中 真ん中という事で揃えます。 この分解する前のテキストを とっておいた方がいいです。 ということなので レイヤーをもう1個追加して このテキストをコピーします。 そして今作った上のレイヤーを選んだ上で 「同じ位置にペースト」と。 そうすると2つ重なってるから 1個に見えるかもしれませんが 下のレイヤーにはテキストがあり 上のレイヤーにもテキストがあります。 そして下のレイヤーは ロックしてしまいましょう。 また実際にパブリッシュする時には 使わないという場合には 右クリックでレイヤーを 「ガイド」にしておくと パブリッシュする時に ここは書き出されません。 こうしておいてもし綴り間違いをしたら またこのレイヤーに戻って 修正をして ちょっと面倒臭いですけど コピーをまた上に作ってあげる という風にすれば 傷が浅くて済みます。 では下のレイヤーはガイドにして ロックにしてますからもう見えません。 上のレイヤーを選択して そして先程と同じですね。 Ctrl もしくは Command+B ですが 一応メニューの方をお見せします。 右クリックもありますので 右クリックで分解しても結構です。 これで全てシェイプになりました。 しかも全部の文字が選ばれてますね。 網掛けがかかっています。 この状態でしたらグラデーションを 設定することが可能です。 プロパティのパネルで塗り そして虹色のグラデーションです。 この場合には1文字ずつ虹色の グラデーションが サイクルのように付きますね。 全部を通してここから赤が始まり ブルーそれからマゼンタと変更させて 文字全体にグラデーションを かけたいという場合には 文字と言いますか 正確にはシェイプなんですが 全体を選択して バケツツールを選んだ上で 塗りは虹色のグラデーション。 どの文字でも結構です。 網掛けのどれかをクリックすると。 選択ツールで関係ない所を クリックします。 全体を通して1つの グラデーションがかかりました。 このレッスンではテキストそのものには グラデーションが使えない為 テキストを分解してシェイプにして グラデーションを載せるという 方法について説明しました。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。