Animate CC 基本講座

H.264ビデオの外部読み込み

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
H.264ビデオを外部から読み込んで、コンテンツで再生し、ビデオのコントロールも選びます。
講師:
04:54

字幕

このレッスンでは H264 のビデオを 外部ファイルとして読み込んで コンテンツで再生してみたいと思います。 今開いているまっさらな ドキュメントですけれども ターゲットが Flash Player となっています。 Flash Player のコンテンツです。 ビデオを読み込むメニューというのは 「ファイル」>「読み込み」> 「ビデオの読み込み」になります。 この機能は HTML 5 Canvas の 機能としては備わっていません。 「ファイル」>「読み込み」を見ると ビデオの読み込みがグレーになっていますね。 ですから、Flash Player 向けのコンテンツで 使う機能だということでご了解下さい。 では Flash Player の方に戻りまして メニューを選択します。 「ファイル」>「読み込み」> 「ビデオの読み込み」です。 ここで選択肢が3つあるんですけども 1番目を通常は選びます。 「外部ビデオを再生コンポーネントと 共にロードする」 外部ファイルのビデオを読み込んで コントロールをつけるという事になります。 2番目は Flash コンテンツの中に FLV を読み込んでしまいます。 この場合には全て読み込みが終わるまで 再生がされませんし コンテンツのサイズそのものが 大きくなります。 ですからかなり小さい コンテンツの場合ですね。 3番目は H264 ビデオをタイムラインに 埋め込むという事なんですが これは最終的にパブリッシュする コンテンツではビデオが再生されません。 コンテンツを作ってる最中に 確認するガイドライン的に見ると いう機能ですから若干特殊になります。 ではファイルのパスを確認しましょう。 videos というフォルダの中に Hourses 馬ですね。それの mp4 の形式でビデオがありますので これを読み込みたいと思います。 まだ終わりません。 「次へ」と行って これが再生コントロールです。 再生コントロールが用意されていて それを選ぶことが出来ます。 今回は MinimaFlatCustomColorAll という swf を選択します。 コントロールは SWF で出来てるんですね。 他にも選択肢が沢山あるんですけれども これはどんなコントロールをつけるのかと いうことになっていて 例えば PlayBack がついてるとか Seek がついてるとか そんな感じの選択ですので 見かけよりは選択肢は多くはありません。 この1番上を選んでおきましょう。 そして「次へ」ということで これは注意書きです。 ビデオを読み込んだ後で Animate ヘルプでトピックを見て下さいなと 見て頂くといいですよという お勧めなんですけど ここは構わずに「終了」します。 そうすると読み込みをしていて かなり大きいですね。 選択ツールでクリックすると 幅が 1920 高さが 1080 とあります。 サイズは今ステージがデフォルトの 幅が 550 高さが 400 ですので 幅を 550 に縮めましょう。 この時にチェーンのマーク これはチェーンが繋がっていますので 幅を変えれば高さも変わります。 ここで 550 と入力をして Enter キーを押すと 高さも変わって 400 よりはちょっと小さいですね。 あ、消えたと思うかもしれませんが これは%を変えてみると分かるので 最初あまりにも大きかったので それを小さくした関係で 左上に行っちゃったんですね。 今ビデオがまだ選ばれています。 この状態で整列のパネルで 「ステージを基準」に真ん中に置き 水平方向ですね。 垂直方向も真ん中に置いて 100% に戻します。 そして念の為一応 「ステージの中央を表示」ということで 真ん中にしますが 動きませんから ちゃんと真ん中に表示されていますね。 では確認してみたいと思います。 「制御」>「ムービープレビュー」で 「Animate を使用」が 選択されていますから 「プレビュー」を選択します。 一時停止が出来ます。 それから拡大した方が見やすいですか。 あとミュートにすると、音がなくなります。 ミュートを戻して サウンドを調整してちょっと小さめにすると。 じゃサウンドを上げます。 もう終わっちゃいましたので 巻き戻しをすると。 こういった基本的なコントロールが 付いています。 では閉じましょう。 このファイルを保存しておくことにします。 既に保存してあるので 上書き保存ということでいいでしょう。 「保存」をします。 このレッスンでは H264 のビデオを 外部ファイルとして読み込んで コンテンツで再生し、またビデオの コントロールも選択しました。

Animate CC 基本講座

Animateはインタラクティブなアニメーションが作れるソフトです。2016年にFlash Professional からアップデートされ、機能がますます充実し、名前も新しくなりました。このコースではAnimateの基本的な操作からグラフィックの描画やアニメーション作成、映像やサウンドの扱い方まで幅広く解説します。

6時間31分 (78 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2016年05月04日
アップデート日:2016年06月21日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。