UML入門

モデルとは?

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
UMLはモデル作成のための道具です。モデルとは何かを解説します。
講師:
02:57

字幕

このレッスンでは UML は モデル作成のための道具です ではモデルとは一体何かを解説します モデルという言葉はいろいろ使われます 例えばシミュレーションモデル 設計モデル プラモデル あるいは モデルハウス ファッションモデル ビジネスモデル 辞書でモデルをひいてみますと 模型 模範 見本 型 型式 小説などの作品の対象 いろいろな説明があります 我々が使ってるモデルは この中では模型が一番近いです 「モデル」とは もうちょっと説明しますと 対象を単純化したものです 単純化てどういうことでしょうか 「抽象」という難しい言葉がありますけど 抽象は必要なものを引き出す 「捨象」 不要なものを捨てる この抽象と捨象を組み合わせたものが モデルなんです ちょっと難しい言葉ですけど 「整理整頓」という言葉がありますね 「整理」という言葉と「整頓」という言葉は 意味が違うわけです 机の上を整理整頓しましょう どうするかというと まず「整理」これ何かというと これからやる作業 必要なものを残す 必要ないものを捨てる 捨てなくても引き出しにしまうとか 棚にしまうとか とにかく机の上から片づけます これで「整理」です 「整頓」は残ったものを並べなおす 仕事しやすいように並べなおす これが整理整頓です これがモデリング モデリングというのは モデルを作ることですけど モデリングというのは この整理整頓なんですね 対象を単純化するということは 結局必要なものを残して 要らないものを捨てる で残ったものを並べなおす これがモデリングです 飛行機の例を考えてみましょう ジャンボですね この模型 「プラモデル」 プラモデルは目的は飾りですね 外観を重視します 中身は空っぽ 飛びません 次に「模型飛行機」 これは飛ばすことが目的です だから形は重視しません プラモデルは形を重視するけど 模型飛行機は形を重視しないと で単純化してるんですね 必要なものを残して必要でないものを捨てる 「設計モデル」 これは製造工程 各工程によって必要な情報が 示されています エンジン作る人 翼を作る人 によって情報が違うわけです このレッスンでは UML はモデル作成のための道具です ではモデルとは一体何か を解説しました

UML入門

オブジェクト指向の考え方はソフトウェア開発の世界に深く浸透しており、オブジェクト指向の開発は要求・分析・設計にUMLを用い、その仕様書をもとにJavaやC++などのオブジェクト指向プログラミング言語で実装します。このコースでは前半でオブジェクト指向とUMLの基礎知識を、後半でUMLでクラス図など具体的な図例について解説します。

2時間47分 (54 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。