UML入門

クラスとインスタンスの例

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
クラスとインスタンスの例を考えます。
講師:
01:47

字幕

このレッスンでは、 クラスとインスタンスの例を考えます。 クラスは抽象概念、 インスタンスは具体例です。 例えば、山に対して、 富士山、エベレスト、 その他具体的な山ですね。 あるいは、惑星に対して、 地球、金星、火星。 こういうものが クラスとインスタンスの例です。 次は、ちょっと 違うパターンを考えてみます。 例えば、文房具に対して、 「自分が持っているシャープ」とか、 「この万年筆」とか、 それはインスタンスですけども、 そうじゃなくって、ここに、 シャープ、ボールペン、ノート。 まあ、こういうクラスを並べていくんです。 これもクラスとインスタンスの例なんです。 同じパターンですけど、 楽器に対して、 例えば、自分の家にあるピアノとか、 ヴァイオリンとか、 それをインスタンスの、 それはそれで、例なんですけども そうじゃなくって、ここにまた、 ピアノ、ヴァイオリン、 フルートというクラスを並べるんです これもクラスとインスタンスの例なんです。 上の方は典型的に普通名詞、 固有名詞というパターンになっていますけども 下の方はどっちも普通名詞ですね。 これ結構、混乱しますけど、 こういった場合、内包と外延という使い方で、 つまり、クラスの定義を まず、書くわけです。 文房具とは何か。 その時に、外延としての具体例は シャープ、ボールペン、ノート。 「自分は文房具というクラスを こういう風に考えている。」と、 「自分は楽器というクラスを こう考えている。」 「楽器の外延はピアノ、ヴァイオリン、 フルートである。」と考えている。 こういう時に内包外延を使うと、 説明がハッキリする訳です。 このレッスンでは、 クラスとインスタンスの例を考えました。

UML入門

オブジェクト指向の考え方はソフトウェア開発の世界に深く浸透しており、オブジェクト指向の開発は要求・分析・設計にUMLを用い、その仕様書をもとにJavaやC++などのオブジェクト指向プログラミング言語で実装します。このコースでは前半でオブジェクト指向とUMLの基礎知識を、後半でUMLでクラス図など具体的な図例について解説します。

2時間47分 (54 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。