UML入門

組織のモデルを考える

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
会社などの組織のモデルを考えます。
講師:
03:41

字幕

このレッスンでは会社などの 組織のモデルを考えます。 例えば開発本部の下に 開発1部・開発2部がある。 その下に第一グループ・第二グループ あるいは開発二部の方は 第一グループ・第二グループ・第三グループ こういうようなツリー構造を考えます。 営業本部の人も何かありますけど省略します。 組織のモデル、UMLで 表したらどうなるだろう。 1つはツリー構造だから こういう汎化関係で表したらどうだろうか。 本部、ここに汎化関係で その下に部を持っていき 部の下にグループ。 一見正しそうですけど。 集約にしたらどうか。 ここ集約にするわけですね。 本部が部を持っている。 部はグループを持っている。 上のほうは is a 関係ですね。 部 is a 本部 グループ is a 部 部は本部の一種である。 グループは部の一種である。 なんか変ですね、何々の一種じゃないですね。 下は部は本部の構成要素である。 グループは部の構成要素である。 こちらのほうが正しいですね。 じゃあ集約にするか、コンポジションにするか どうでしょう。 2つあります。 あるいは集約もコンポジションも 関連端のオプションですから ただの関連でもいいのではないか。 Aは駄目なんです。組織構造は 分類ではなくて分解してるんですね。 じゃ b c d はどうか それをちょっと考えてみましょう。 兼任を考えます。 「兼任なし」 第一グループにはこの3人。 第二グループには2人ですね。 じゃこの兼任 Cさんは2つのグループを兼任する。 集合で書いたら 1グループという集合と2グループの集合。 Cさんは両方に所属しますよと。 これ兼任してるんですね。 これUMLで どうやって表したらいいでしょう。 共有て問題があるのですけど コンポジションを使って グループと社員とします。 普通は 1 対他(1以上)ですね。 1..* これ兼任なしのモデルなんですけど 兼任するということは ある社員が1じゃなくて 2つのグループに属するわけです。 だからそこを2にしたいんですけど じゃあ 1..2 と書きましょう。 ある社員は1つのグループ。 別の社員は2つのグループに属する。 これ一見正しいじゃないか。 ただ このコンポジション これUMLのシンタックスエラーなんです。 コンポジションて強い集約と言いましたけど UMLでは否共有であることを表しています。 共有できないんです。 じゃあこれは駄目なんです。 こういう時は 普通の集約にするんです。 普通の集約だったら共有はありなんですね。 ある社員は複数のグループに属する、と。 集約は共有できる。 まあそういうルールがあります。 だから兼任ありのモデルは真ん中ではなくて 兼任なしなら置いて良いけど 兼任ありは一番下じゃないとまずいです。 このレッスンでは 会社などの組織のモデルを考えました。

UML入門

オブジェクト指向の考え方はソフトウェア開発の世界に深く浸透しており、オブジェクト指向の開発は要求・分析・設計にUMLを用い、その仕様書をもとにJavaやC++などのオブジェクト指向プログラミング言語で実装します。このコースでは前半でオブジェクト指向とUMLの基礎知識を、後半でUMLでクラス図など具体的な図例について解説します。

2時間47分 (54 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2016年05月06日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。