作品制作のワークフロー:アイディアから完成まで

レイヤーの整理

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
作業の進行に伴い増えてきたレイヤーをグループごとに分類して整理し、効率よく作業できるようにします。
講師:
03:25

字幕

このレッスンでは レイヤーパネルの整理を行います。 それでは、大分作業が進んできて レイヤーが非常に増えてきました。 このままでは、少し見ずらくなってきたので レイヤーパネルの整理を行おうと思います。 まず、それぞれのレイヤーを グループに分けようと思います。 では、上から見ていくと まず牛がいます。 この小さい牛が2つと、 あとこの大きい牛ですけど、 セットとしてこの立体感を作っている クリッピングのレイヤーがあります。 こうした付随するものも含めて グループにしておきましょう。 では、まずグループの1番端っこのレイヤー、 これをクリックして選択したら、 Shift キーを押しながら 反対側をクリックすると全部を選べます。 では、ここで右クリックをして、 「レイヤーからのグループ」 これを実行します。 そうすると「レイヤーからの新規グループ」 という設定が出てくるので、 では「牛」と入れておきましょう。 「OK」をすると、1個の 「牛」というグループにまとまって、 まとめて扱えるようになっています。 グループなので中身は丸々残っているので、 いつでも加工することもできます。 では、この要領で 他の物もまとめていきましょう。 まず、次はコンピューターですね。 コンピューター本体と、写り込みの べた塗りレイヤー、この2つですね。 片方をクリックして、 Shift を押しながらもう1個押して、 そして右クリックして、 「レイヤーからのグループ」。 では、これは「コンピューター」と 入れておきましょう。 では次ですね、この「レベル補正」も含めて 波の部分ですね。 では、これは右クリックして、 「レイヤーからのグループ」で 「波」としておきましょう。 そして、これが空ですね。 では、、、 空です。残りが、 これがこの草の部分ですね。 まとめてこれも「レイヤーからのグループ」で 「草」と入れておきましょう。 そうすると、レイヤーパネル、 こんなにすっきりしました。 ある程度作業が進んで、 あまり動かさない要素が増えてきたら、 この様にグループにまとめてあげると 非常に見やすくなるので、 結果として作業効率を上げることも 可能となります。 結構こうした所が作業のスピードに 大きく係わってくるので、 是非、こうした整理整頓も心がけながら 作業を行ってください。

作品制作のワークフロー:アイディアから完成まで

ビジネスにおける作品制作ではクライアントからの要望に応じ、コミュニケーションをとりながら作品の細部を調整し、完成作品へと仕上げます。このコースではPhotoshopやPhotomargeを使いながら、アイデアスケッチの描き方から複数の素材の合成、影や色の調整、全体の質感のコントロール、複数のレイヤーカンプの作成方法などについてひと通り学ぶことができます。

1時間58分 (22 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 1,990
発売日:2016年04月30日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。