Edius Pro 8 基本講座

EDIUS Proとは

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ここでは、グラスバレー社のビデオ編集ソフト「EDIUS Pro 8」について、その特徴をご紹介します。
講師:
05:59

字幕

ここではグラスバレー社のビデオ編集ソフトEdius Pro 8 ついてその特徴をご紹介いたします。Edius Pro は報道や映画製作CM 製作のポストプロダクション等プロユーザーに人気のビデオ編集ソフトですがその理由は限られた時間内でスピーディーに編集ができてしかも、クオリティの高い映像が得られるというのがその理由です。最近では、その理由をコンシューマーユーザーも利用したいということで、ユーザーがどんどん増えているというのも特徴です。さらに、Edius Pro はフルハイビジョンの映像データを扱うことができるのはもちろんなんですがこれから主流となる 4K とか 8Kといった素材データもネイティブのまましかも高速に処理できるビデオ編集ソフトとして注目されています。その注目されているビデオ編集ソフトEdius Pro ですがまず最初にご紹介したいのが素材の管理機能なんですね。Edius Pro には、GV Browser という素材の管理ツールが付属しています。ちょっと見てみたいと思います。これが GV Browser という素材の管理ツールですがパソコン上にあるマルチメディア系のデータ例えば、動画ですとか静止画音楽等のデータをまとめて管理することができるようになります。 まとめて管理すると同時に例えば、テーマに合わせてカタログ化することもできます。例えば、「花」ですとかあるいは「路面電車」という形でテーマを決めて合ったデータをまとめて管理できるようになります。これは Edius Pro だけでなくて様々なアプリケーションソフトでも活用できるようになります。この優れた管理機能を利用してEdius Pro の中でもGV Browser はまるでEdius Pro の1つの機能であるかのように活用できます。この中でソースブラウザーという機能がありますが、すべてのクリップを動画とか静止画、音楽をそのままドラッグ&ドロップで編集ができるようになります。またカタログというのがありましたが花とか路面電車という形でカタログ化したものを簡単にピックアップして利用できるようになります。さらに、ビデオ編集ソフトでは簡単に映像の編集ができるというのが1つの特徴になります。特に、Edius Pro の場合簡単に編集できる中で間違いなく正確に編集できる機能も搭載されています。特に、ビデオ編集の中で注意しなきゃいけないのがギャップと言われるものですが例えば、編集していくと途中でこういった黒い部分ができてしまいます。こういったものができないように編集しなきゃいけないというのもビデオ編集では、非常に重要なポイントですがEdius の場合、こういったギャップと呼ばれる黒い部分が生じないような編集ができるように機能が工夫されているのも特徴です。 また、場面転換ですね1つ前の映像と次の映像が切り替わるときの場面転換もスムーズに様々な効果を利用できるようにエフェクトが搭載されています。このエフェクトが使いやすいというのも特徴ですよね。例えば、ディゾルブみたいな効果もドラッグ&ドロップで簡単に設定できるようになります。また、最近のビデオカメラは非常に優秀なので色を間違える、色かぶりや色補正が必要とかという映像データを撮ることはなかなか無いですがたまたま撮れてしまった場合は、それを補正しなくてはいけないことがありますがビデオ編集の場合、このカラー補正というのが非常に難しい機能だったりします。ところが、Edius Pro の場合には1つのエフェクトとして搭載されていますのでクリップの上ドラッグ&ドロップしてあげて選ぶだけで簡単にカラー補正ができるようになっているというのも特徴の1つです。また、タイトルの作成等も簡単にできます。このようなビジュアルなタイトルを短時間で作ることができますがオリジナルなタイトルを作ると同時に様々なテンプレートが搭載されていますのでこのテンプレートを利用することで簡単にビジュアルなデザインのタイトルを作ることもできます。 さらに、編集を終えたデータを出力するのも簡単という所が特徴ですね。通常ですと、動画データを出力する時には様々な設定が必要になってきますがEdius の場合は、どういった形式のファイルで出力したいかというカテゴリーを選ぶだけであとはエクスポーターという機能がすべてまかなってくれてエクスポーターを利用するだけであとは出力ボタンをクリックすればOK という形で出力できます。この辺は初心者ユーザーには非常に嬉しい所でありますし動画データの仕組みに詳しくないユーザーにとっても嬉しい機能だったりします。逆に、もうちょっと細かく設定したいというユーザーには細かく設定できるパネルが用意されていますのでここを利用してオリジナルな目的に応じたファイルを出力することが可能になっています。このような多彩な機能を備えたEdius Pro ですがこれを使いこなせるようにこのレッスンでは解説をしていきたいと思っております。ここでは、グラスバレー社のビデオ編集ソフトEdius Pro 8 ついてその特徴をご紹介いたしました。

Edius Pro 8 基本講座

EDIUS Proは報道やCM制作を行うプロユーザーに人気のビデオ編集ソフトですが、プロでなくても自分の思い描いたイメージを簡単に映像作品にできます。このコースは初心者でもスムーズにEDIUS Proの操作を身に着け、手軽にオリジナルムービーを制作できるよう、素材の管理から映像のカット編集、タイトルの作成や動画ファイルの出力までひと通り解説します。

5時間20分 (59 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
EDIUS Pro EDIUS Pro 8
価格: 2,990
発売日:2016年05月11日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。